ここから本文です

熱中症で11人搬送 富山、高岡で真夏日

北日本新聞 6月12日(日)20時9分配信

 12日の県内は高気圧に緩やかに覆われて晴れ、富山で30・7度、高岡(伏木)で30・2度と真夏日となり、今年の最高気温を更新した。秋ケ島(富山空港)も30・3度を観測。富山、高岡、南砺の各市と立山町で計11人が熱中症の疑いで病院に運ばれた。

 高岡市城光寺陸上競技場周辺で開かれた高岡万葉マラソンでは、熱中症とみられる症状で成人のランナー5人と大会スタッフ1人が厚生連高岡病院や金沢医科大学氷見市民病院に搬送された。高岡市消防本部によると、重症者はいない。

 富山市では80歳と66歳の男性、51歳女性の計3人、立山町では祭りに参加していた69歳男性、南砺市では草刈り中の60代男性がそれぞれ病院に搬送された。いずれも軽症か中等症とみられる。

 13日の県内は低気圧の影響で雨、午後から曇りとなり、最高気温は富山、高岡(伏木)とも24度と平年並みを見込む。

北日本新聞社

最終更新:8月22日(月)18時4分

北日本新聞