ここから本文です

田中将大、7回途中5失点で2敗目 ヤンキースの連勝は5でストップ

ベースボールキング 6/12(日) 11:38配信

● ヤンキース 1 - 6 タイガース ○
<現地時間6月11日 ヤンキー・スタジアム>

 ヤンキースの田中将大が11日(日本時間12日)、本拠地でのタイガース戦に先発したが、7回途中5失点で2敗目(3勝)を喫した。

 田中は初回、一死二塁のピンチを背負うも、3番カブレラを二ゴロ、二死一、二塁から5番Jマルティネスを見逃し三振に仕留めた。しかし2回、先頭の6番カステラノスに追い込んだあとの直球を完璧に叩かれると、これが右中間へのソロ本塁打。自身5試合ぶりの被弾で先制点を失った。

 その後はバックの好守にも助けられ2イニング連続無失点としたが、同点の5回に2本のヒットで一死一、三塁とされると、1番キンスラーに甘くなったツーシームを左翼ポール際に運ばれた。これが勝ち越しの3ランとなり、田中は計4失点。この時点で4試合続けていたクオリティ・スタート(6回以上、自責点3以下)達成も途絶えた。

 7回も続投した田中だったが、一死から8番マキャンに中前打を許したところで降板。代わった2番手・イエーツが適時打を許したため、田中に5失点目がついた。

 結局この試合は6回1/3を投げ、6安打4三振2四死球の内容。5失点を喫したため、防御率は3点台(3.08)へ悪化した。

 ヤンキースは打線も不発で、相手先発・バーランダーの前に沈黙。投打が噛み合わず連勝は5でストップし、勝率5割へ逆戻りとなった。

BASEBALL KING

最終更新:6/12(日) 11:45

ベースボールキング

なぜ今? 首相主導の働き方改革