ここから本文です

マリナーズ、逆転で上位対決に敗れる 青木は無安打も2死球

ベースボールキング 6月12日(日)15時1分配信

● マリナーズ 1 - 2 レンジャーズ ○
<現地時間6月11日 セーフコ・フィールド>

 マリナーズの青木宣親が11日(日本時間12日)、本拠地でのレンジャーズ戦に「1番・左翼」で先発登板。無安打に倒れたが、いずれも死球で2出塁。チームは1点リードで9回を迎えたが、抑えのシシェクが二死から同点弾を食らい、延長戦の末に痛い星を落とした。

 マリナーズは0-0の5回、6番リンドの8号ソロで先制。その後は追加点を奪えなかったが、先発・パクストンの好投もあり1点リードのまま9回を迎えた。抑えのシシェクは簡単に二死を奪ったが、あと一人の場面で6番フィルダーに痛恨被弾。延長11回は、5番手・モンゴメリーが4番オドールに10号ソロを浴び、これが決勝点となった。

 青木は初回に死球で出塁するも、その後は3打席凡退。1点を追う11回は再び先頭打者として死球で出塁したが、同点のホームを踏むことができなかった。この試合は3打数無安打で打率.240。出塁率は.324となった。

 ア・リーグ西地区2位のマリナーズは、同地区首位・レンジャーズ相手に逆転負け。前日は岩隈の好投で3ゲーム差に迫ったが、再び4差に離された。

BASEBALL KING

最終更新:6月12日(日)15時5分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。