ここから本文です

日本ハム・大谷、7回無失点で4連勝! 163キロ連発で虎打線を圧倒

ベースボールキング 6月12日(日)17時10分配信

○ 日本ハム 6 - 0 阪神 ●
<3回戦・札幌ドーム>

 日本ハムが2勝1敗でカード勝ち越し。「5番・投手」で先発出場した大谷翔平が、日本最速の163キロを連発。阪神打線を7回8奪三振無失点に封じ、今季5勝目(4敗)を4連勝で飾った。

 大谷は初回、2番西岡の3、4球目に、自身の持つ日本最速タイの163キロを連発。その後も160キロ超えの直球をバンバン投げ込み、日本最速タイの163キロを計5回も計測した。

 この日は変化球の制球もよく、四球は2つ。阪神打線を散発の3安打に封じ込め、7回を107球で乗り切った。お立ち台に上がった大谷は「疲れはありません」と涼しい顔。「初回から全力で行こうと思っていた。勝てたので100点です」とリアル二刀流での出場を振り返った。

 打席には3度立ち、2打数無安打1四球の成績。快音こそ聞かれなかったが、この日はピッチングでチームの勝利に貢献した。

 野手陣も好投の大谷をしっかり援護。初回に1番陽が先頭打者弾を放つと、3回は2番西川の5号2ランで加点。4回にも6番レアードにリーグトップタイの20号2ランが飛び出し、一発攻勢で本拠地ファンを沸かせた。

 対する阪神は、打線が大谷の前に沈黙。先発の岩崎は3被弾で今季ワーストの5失点を喫し、敵地で初黒星(1勝)を喫した。

BASEBALL KING

最終更新:6月12日(日)17時15分

ベースボールキング