ここから本文です

清武を独へ呼んだハノーファーCEO「残って欲しかった」…送別セレモニー提案

SOCCER KING 6月12日(日)10時17分配信

 ブンデスリーガ2部への降格が決まったハノーファーを退団し、セビージャへの移籍が決まった日本代表MF清武弘嗣。

 ニュルンベルクの降格に伴い加入し、2シーズンを過ごしたハノーファーのマルティン・バーダーCEO(最高経営責任者)は「できればヒロシには残ってもらいたかったが、それが難しいことも分かっていた。彼の今後に最高の結果を願うだけだ」と語り、清武を泣く泣く手放したことを明かした。

 負傷による長期離脱もあり、リーグ戦は21試合の出場にとどまったが、5ゴール7アシストをマーク。『kicker』誌採点のシーズン平均点では、GKロンロベルト・ツィーラーに次ぐチーム2番目の高い点数を残し、ダントツの最下位にあえぐチームにあって背番号10の責任をきっちりと果たした。(ツィーラー2.71点、清武3.33点)

 攻撃の要として奮闘し、今回の移籍で650万ユーロ(約8億円)をもたらした清武は、クラブにとっては間違いなく功労者。しかし、シーズン終了後すぐに日本代表に合流しており、サポーターやチームメートに別れを告げる機会がなかった。バーダー氏の前職は、ニュルンベルクのSD(スポーツ・ディレクター)。清武に惚れ込み、セレッソ大阪から引き抜いた人物でもある。こうした経緯もあってか、バーダーCEOは「できれば来シーズンのホームゲームで、ヒロシに別れを告げる機会を設けたい」と、送別セレモニーを提案している。

SOCCER KING

最終更新:6月12日(日)13時57分

SOCCER KING