ここから本文です

GS突破へ後がないコスタリカ、主力欠場濃厚でさらなるピンチに

SOCCER KING 6月12日(日)1時3分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の初戦でパラグアイ代表とスコアレスドロー、第2節はアメリカ代表に0-4の大敗を喫し、決勝トーナメント進出に向けて後がなくなったコスタリカ代表。

 11日に行われるコロンビア代表戦は勝利が不可欠な状況だが、追い打ちをかけるようにケガ人が続出している。コスタリカ紙『ラ・ナシオン』電子版が報じている。

 チームドクターのアレハンドロ・ラミレス氏によると、FWマルコ・ウレーニャは鎖骨と肩を繋ぐ関節を痛めており、またDFオスカル・ドゥアルテは左ひざに炎症を起こしているため、MRI検査を受けたとのこと。

 この2人がコロンビア戦に出場できるかどうかは経過を見てみないと分からないということだが、アメリカ戦で腰のあたりを強打し、前半のみでピッチを退いたDFクリスティアン・ガンボアは4週間程度の治療が必要ということで、コロンビア戦への出場は絶望的な状況となっている。

 コロンビアはすでに決勝トーナメント進出が決定しており、コスタリカ戦ではメンバーを落としてくる可能性もあるが、いずれにしてもコスタリカが厳しい戦いを強いられるのは間違いない。

SOCCER KING

最終更新:6月12日(日)1時3分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。