ここから本文です

敗退決定もコスタリカが意地の大会初勝利…コロンビアは乱打戦の末に2位通過

SOCCER KING 6月12日(日)12時18分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第3戦が11日に行われ、コロンビア代表とコスタリカ代表が対戦した。

 グループAはアメリカ、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの4カ国がグループ突破を争う。2連勝を飾り、早々に決勝トーナメント進出を決めたコロンビア代表。この試合では準々決勝を見据え、スターティングメンバーを大幅に入れ替えた。一方、連敗でグループステージ敗退が決まったコスタリカは、この試合でなんとか初勝利を持ち帰りたいところだ。

 試合は開始2分で動く。コスタリカがカウンターから攻撃に転じると、自陣から前線にロングボールが入る。これを受けたヨハン・ベネガスが受け、エリア手前左でターンしながら右足シュートを放つ。これがゴール右上に決まり、コスタリカが先制に成功した。

 一方、コロンビアもすぐに反撃に出る。7分、カルロス・サンチェスがハーフウェイライン付近から左サイドのフランク・ファブラへ大きく展開。ファブラがエリア左横からワンタッチで中央へ切り込むと、一度はパスを選択したが、相手に当たったボールが再びファブラの足元へ。右足でゴール右下に流し込み、コロンビアが同点に追いついた。

 1-1で迎えた34分、コスタリカが再びリードを奪う。左サイドでボールを受けたベネガスがエリア左横からドリブルで相手DFをかわし、左足クロスを供給。これをファブラがクリアしきれずに、ゴール右に決まってしまった。前半は2-1でコスタリカがリードしハーフタイムを迎える。

 後半開始からコスタリカがチャンスを作る。59分、右サイドでボールを受けたブライアン・オビエドがエリア右横からクロスを入れる。これをセルソ・ボルヘスが右足ダイレクトボレーで沈め、2点のリードを奪った。

 コロンビアは73分、右サイドで浮き球を受けたフアン・クアドラードがグラウンダーのクロスを供給する。これをマルロス・モレノがゴール右下に蹴りこみ、1点差に詰め寄った。

 しかし、このまま試合はタイムアップ。グループステージでの敗退が決まっているコスタリカが、コロンビアを下して今大会初勝利を飾った。

 コロンビアは17日に行われる準々決勝でグループBの1位チームと対戦する。

【スコア】
コロンビア代表 2-3 コスタリカ代表

【得点者】
0-1 2分 ヨハン・ベネガス(コスタリカ代表)
1-1 7分 フランク・ファブラ(コロンビア代表)
1-2 34分 オウンゴール(フランク・ファブラ)(コスタリカ代表)
1-3 59分 セルソ・ボルヘス(コスタリカ代表)
2-3 73分 マルロス・モレノ(コロンビア代表)

【グループA最終順位】
(左から消化試合数/勝点/勝敗/得失点差)
1位 アメリカ 3/6/2勝1敗/+3
2位 コロンビア 3/6/2勝1敗/+2
3位 コスタリカ 3/4/1勝1分1敗/-3
4位 パラグアイ 3/1/1分2敗/-2

SOCCER KING

最終更新:6月12日(日)12時28分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]