ここから本文です

松本との上位対決制した岡山が暫定首位浮上…連勝のC大阪が2位に/J2第18節

SOCCER KING 6月12日(日)22時45分配信

 2016明治安田生命J2リーグ第18節が12日に各地で行われた。

 前節、首位コンサドーレ札幌に勝利した2位の松本山雅FCは敵地で3位ファジアーノ岡山との上位対決に臨んだ。松本は前半終了間際と後半立ち上がりに得点を許すと、73分に1点を返したものの反撃もここまで。2-1と敗北を喫した。一方、勝った岡山はこの日試合のなかった札幌をかわして暫定首位に浮上している。

 4位のFC町田ゼルビアは敵地で14位の水戸ホーリーホックと対戦。1点ビハインドで迎えた後半アディショナル4分に鈴木孝司がこの日2点目を挙げてなんとか追い付いたが、勝ち点1を積み上げるにとどまった。

 その町田と勝ち点で並んでいた5位セレッソ大阪はFC岐阜に1-0で勝利。1ポイント差で追いかけていた6位の京都サンガF.C.もレノファ山口FCを3-0で下したため、C大阪が2位、京都は4位に浮上し、町田は6位まで順位を下げている。

 そのほかの結果は以下のとおり。

■J2第18節結果
水戸ホーリーホック 2-2 FC町田ゼルビア
清水エスパルス 3-0 横浜FC
FC岐阜 0-1 セレッソ大阪
モンテディオ山形 2-1 カマタマーレ讃岐
ギラヴァンツ北九州 3-2 ツエーゲン金沢
ザスパクサツ群馬 1-1 ロアッソ熊本
ジェフユナイテッド千葉 2-2 東京ヴェルディ
京都サンガF.C. 3-0 レノファ山口FC
ファジアーノ岡山 2-1 松本山雅FC
愛媛FC 0-2 徳島ヴォルティス
コンサドーレ札幌 vs V・ファーレン長崎(6月13日開催)

■J2第18節暫定順位表
1位 岡山(勝点34/得失点差10)
2位 C大阪(勝点34/得失点差5)
3位 札幌(勝点33/得失点差12)※2試合未消化
4位 京都(勝点33/得失点差10)※1試合未消化
5位 松本(勝点32/得失点差11)
6位 町田(勝点32/得失点差8)
7位 清水(勝点29/得失点差15)
8位 千葉(勝点28/得失点差5)
9位 山口(勝点28/得失点差-1)
10位 山形(勝点21/得失点差-2)※1試合未消化
11位 讃岐(勝点21/得失点差-3)
12位 徳島(勝点21/得失点差-5)
13位 岐阜(勝点21/得失点差-7)
14位 横浜FC(勝点20/得失点差0)※1試合未消化
15位 愛媛(勝点20/得失点差-4)※1試合未消化
16位 水戸(勝点19/得失点差0)※1試合未消化
17位 熊本(勝点17/得失点差-1)※5試合未消化
18位 東京V(勝点17/得失点差-10)
19位 長崎(勝点16/得失点差-6)※2試合未消化
20位 群馬(勝点16/得失点差-9)
21位 北九州(勝点14/得失点差-13)
22位 金沢(勝点11/得失点差-14)

■J2第19節対戦カード(6月19日開催)
札幌 vs 北九州
東京V vs 京都
町田 vs 愛媛
横浜FC vs 岐阜
松本 vs 山形
清水 vs 千葉
山口 vs 水戸
長崎 vs 群馬
熊本 vs 讃岐
C大阪 vs 徳島
金沢 vs 岡山(6月20日開催)

SOCCER KING

最終更新:6月12日(日)23時50分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。