ここから本文です

[EURO]ベイルのドライブFKさく裂!!追いつかれても突き放したウェールズが歴史的1勝

ゲキサカ 6月12日(日)2時53分配信

[6.11 EURO B組第1節 ウェールズ2-1スロバキア]

 EURO2016は11日、大会2日目を迎え、B組のグループリーグが開幕した。初出場同士の対戦となったウェールズ代表対スロバキア代表の一戦は、2-1でウェールズが制した。第2節はウェールズが16日にイングランドと、スロバキアは15日にロシアと対戦する。

 先制点はウェールズに生まれた。前半10分、ゴール正面でFKを獲得すると、FWガレス・ベイルがボールをセット。助走から左足を振りぬくと、壁を越えたボールはゴールに向かうにつれて落下。“ドライブFK”は飛びついたGKマトゥーシュ・コザーチクの指先をすり抜け、ゴールネットに突き刺さった。

 先制を許したスロバキアだが、序盤からポゼッション率で上回るなど、ウェールズに圧力をかけ続けていた。後半15分にはMFオンドレイ・ドゥダとFWアダム・ネメツを同時投入する積極的な仕掛けを見せる。すると直後の同16分、右サイドをMFロベルト・マクが強引に突破。エリア内に横パスを入れると、投入されたばかりのドゥダがタイミングを計って、左足でゴールに蹴り込み、試合を振り出しに戻した。

 同点に追いつかれたウェールズは後半24分からMFデイビッド・エドワーズに代えてMFジョー・レドリー、同26分にはMFジョナサン・ウィリアムズを下げてFWハル・ロブソン・カヌを投入。再び勝ち越しゴールを狙いに行く。そして同36分、レドリーからMFアーロン・ラムジーに縦パスが入ると、個人技の突破からエリア内に侵入。同時に走り込んでいたカヌが左足でシュートを狙うと、ミートしなかったことが幸い。GKのタイミングを外したシュートが、ゴールに向かって転がっていった。

 後半41分にはスロバキアのネメツのヘディングシュートがポストを直撃。ウェールズにとっては運も味方した。メジャー大会に出場するのも、1958年のW杯スウェーデン大会以来58年ぶりとなるウェールズが、両監督のベンチワークがはまった一戦を制し、EURO本大会での歴史的初勝利を挙げた。

最終更新:6月12日(日)7時11分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]