ここから本文です

記念の試合でMOMに輝いたウェールズ代表MFアレン「ファンの声援が大きな力に」

ゲキサカ 6月12日(日)11時58分配信

[6.11 EURO B組第1節 ウェールズ2-1スロバキア]

 EURO2016は11日、大会2日目を迎え、B組のグループリーグが開幕した。初出場同士の対戦となったウェールズ代表対スロバキア代表の一戦は、2-1でウェールズが制した。この試合のマン・オブ・ザ・マッチにMFジョー・アレン(リバプール)が選出されている。

 ウェールズは前半10分、ゴール正面のやや右でFKを獲得すると、ベイルがボールをセット。助走から左足を振り抜くと、ドライブ回転がかかったボールが壁を越えてGKマトゥーシュ・コザーチクの指先をすり抜け、ゴールネットに突き刺さった。その後、ウェールズは1点を返されたが、後半36分に途中出場のFWハル・ロブソン・カヌが勝ち越しゴールを決め、2-1でウェールズが歴史的な1勝を飾った。

 欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトによると、アレンは「自分はともかく、チーム全体のパフォーマンスが素晴らしかった。すごい気迫だったね。押し込まれた時間帯もあったけど、いつものように焦ることなく耐え抜いた。2点目を奪った瞬間、このまま逃げ切れるという自信があったよ」と勝利に胸を張った。

 また、勇気を与えてくれたサポーターへの感謝も忘れなかった。「最初から最後まで、ファンの声援が大きな力になった。彼らが最高の雰囲気でサポートしてくれたおかげで、より大きな力を出すことができたと思う。それが違いを生み出す要因になった」と、サポーターと共に掴んだ勝利だと強調した。

最終更新:6月12日(日)11時59分

ゲキサカ