ここから本文です

[コパ・アメリカ]ホスト国アメリカの首位通過が決定! コロンビアは主力温存が裏目に…

ゲキサカ 6月12日(日)12時16分配信

[6.11 コパ・アメリカ第3節 コロンビア2-3コスタリカ]

 コパ・アメリカは11日、A組の第3節を行った。すでに決勝トーナメント進出を決めているコロンビア代表はコスタリカ代表と対戦し、2-3で敗れた。これにより、得失点差でアメリカ代表の首位通過が決定。コロンビアはA組2位となった。

 試合は開始早々に動いた。先立って行われたアメリカ代表対パラグアイ代表の結果から、すでに敗退が決まっているコスタリカは前半2分、自陣からのフィードを受けたFWヨハン・ベネガスがPA手前の右から右足一閃。コントロールされたシュートがゴール右隅に突き刺さり、スコアを1-0とした。しかし、コロンビアも同7分にDFフランク・ファブラが左からカットインし、強引に左足でゴールに流し込み、すぐさま試合を振り出しに戻した。

 今大会最後にせめて1勝を挙げたいコスタリカは前半15分、ゴール正面からDFホセ・サルバティエラが強烈ミドルもGKロビンソン・サパタに止められる。それでも同34分、中央でパスを受けたベネガスが左に流れて、鋭いグラウンダーのクロスを入れる。GKとDFの間を抜けたボールはカバーに戻ったファブラのオウンゴールを誘発し、2-1で前半を折り返した。

 首位通過がかかるコロンビアは主力温存も後半のスタートからMFハメス・ロドリゲスとMFエドウィン・カルドナを入れ、逆転を狙う。しかし、なかなか攻撃の形を作ることができず、後半13分に追加点を許してしまう。コスタリカはループパスで右サイドを抜け出したMFクリスティアン・ボラーニョスがマイナスに折り返すと、中央に走りこんだMFセルソ・ボルヘスが右足で流し込み、リードを2点差に広げた。

 流れを変えたいコロンビアは後半21分に、DFフェリペ・アギラルを下げてMFファン・クアドラードを右サイドバックに入れた。すると、同28分にそのクアドラードがワンツーで右サイドを抜け出し、マイナスに折り返す。これをFWマルロス・モレノが右足でニアに突き刺し、2-3と1点差に詰め寄った。

 終盤に向けて攻撃の圧力を増したコロンビアは後半39分にハメスがミドルシュートを放つなど、ゴールに迫ったがあと一歩及ばず、2-3で敗れた。これにより、パラグアイ代表に勝利したアメリカに勝ち点6で並ばれたコロンビアは得失点差でA組2位での決勝トーナメント進出が決定。18日にグループBの1位と対戦する。

最終更新:6月12日(日)12時16分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。