ここから本文です

京都は山口に3発快勝で9戦負けなしに

ゲキサカ 6月12日(日)18時7分配信

[6.12 J2第18節 京都3-0山口 西京極]

 京都サンガF.C.はホームでレノファ山口FCに3-0で快勝し、2連勝を飾った。

 京都は前半3分、MF堀米勇輝の左FKにMFアンドレイが頭で合わせ、先制点。幸先よくリードを奪うと、前半24分にはFWエスクデロ競飛王の左CKにアンドレイが合わせ、ゴール前のMF岩沼俊介がコースを変えてゴールネットを揺らした。

 2-0とリードを広げた京都は前半34分にもエスクデロのスルーパスに抜け出したFW有田光希がGKと1対1を迎えるも、シュートはGK一森純の好セーブに阻まれた。劣勢の山口は前半44分、左サイドを突破したMF福満隆貴がマイナスに折り返し、PA手前からMF庄司悦大が右足でミドルシュート。ようやくファーストシュートを打ったが、ゴール左に外れた。

 前半のシュート数は京都の7本に対し、山口はわずか1本。それでも後半に入ると、徐々に流れを引き寄せ、後半23分にはMF島屋八徳の左クロスに福満が頭で合わせたが、わずかにゴール右へ外れた。

 その後の山口の反撃も落ち着いて跳ね返す京都。後半44分にはエスクデロがドリブルで左サイドを突破し、中央に折り返したボールを途中出場のFWダニエル・ロビーニョが右足でゴール右隅に蹴り込んだ。2試合連続3ゴールで2連勝の京都。守備陣も3試合ぶりの無失点で完封勝利をおさめ、これで9試合負けなし(7勝2分)となった。

最終更新:6月12日(日)18時10分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]