ここから本文です

土砂降りの上位対決制した岡山が3連勝で首位浮上! 澤口の3年ぶりゴールが決勝点に

ゲキサカ 6月12日(日)21時0分配信

[6.12 J2第18節 岡山2-1松本 Cスタ]

 3位ファジアーノ岡山と2位松本山雅FCの上位対決は、2-1で岡山が制した。3連勝で勝ち点を34に伸ばした岡山は得失点差でC大阪を上回り、暫定首位に浮上した。

 激しく雨が降り続く中、松本は前半11分、右サイドを抜け出したFW工藤浩平のクロスをニアに走りこんだMF石原崇兆がヘッドで合わせるもわずかにゴール右に外れる。同18分にはMF宮阪政樹が意表を突いた右足ミドルを放つもGK中林洋次にキャッチされてしまう。

 前半はこのままスコアレスで終わるかと思われたが、ラストワンプレーでDF岩政大樹がDF飯田真輝にPA内で倒され、岡山がPKを獲得。これをキッカーのMF矢島慎也が冷静にゴールに流し込み、直後に前半終了を告げるホイッスルが鳴り響いた。

 後半開始から畳みかける岡山。後半4分、左サイドからMF片山瑛一がグラウンダーのクロスを供給し、FW押谷祐樹が左足で合わせたが、GKシュミット・ダニエルに止められる、さらに同11分、矢島が右から上げたクロスをFW赤嶺真吾がヘッドで落とし、PA手前からFW伊藤大介が強烈ミドルもGKシュミット・ダニエルのファインセーブに阻まれた。

 しかし、これで得たCKから追加点が生まれる。後半12分、右CKからキッカーの伊藤が入れたボールをDF澤口雅彦がヘッドで押し込み、2-0。澤口は2013年8月18日に行われたJ2第29節・東京V(2-0)以来、約3年ぶりの得点を挙げた。手を緩めない岡山は同24分に押谷を下げてFW豊川雄太を投入した。

 反撃に出る松本は後半28分、左サイドからDF飯尾竜太朗がクロスを供給すると、ファーサイドのFW高崎寛之が胸トラップから角度はなかったが、右足でゴールに押し込み、1点差に詰め寄る。しかし、あと一歩及ばず、1-2で敗戦。松本は連勝が4でストップし、5月3日の第11節・C大阪戦以来、7試合ぶりの黒星を喫した。

最終更新:6月12日(日)21時0分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報