ここから本文です

【速報】日本勢上位ならず、宮里藍は8オーバー 優勝争いは熾烈

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月13日(月)8時28分配信

米国女子メジャー「KPMG女子PGA選手権」最終日、決勝ラウンドに進んだ日本勢3選手がホールアウトした。6オーバー30位から出た宮里藍は「73」(パー71)で通算8オーバー、宮里美香も「73」で通算11オーバー、今季2勝で優勝候補と目された野村敏京は通算13オーバーに終わった。

続々アップ!「KPMG女子PGA選手権」のフォトギャラリー

2日目を終え首位と2打差と好位置につけた宮里藍は3日目で「77」と後退。最終日は巻き返しを図ったが7番でボギーが先行すると、10番、12番とボギーを叩き落とした。13番パー3でバーディを奪ったが、その後は伸ばせずホールアウトした。

前半をイーブンパーのプレーで折り返した宮里美香は10番でダブルボギー。11番から3連続バーディとしたが、14番からは3連続ボギーを叩いた。野村敏京は3バーディ、3ボギーのプレーを見せたが浮上はならなかった。

最終組でプレーする世界女王のリディア・コー(ニュージーランド)が13番ホールまで終え6アンダーで首位。1打差でコーの2組前をプレーする18歳のブルック・ヘンダーソン(カナダ)が追う。出場試合3連勝中のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)は13番ホールを終え3アンダー3位としている。

最終更新:6月13日(月)8時28分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]