ここから本文です

<森星>ディオール最新オートクチュールドレスで登場 「バックのリボンがお気に入り」

毎日キレイ 6月13日(月)21時21分配信

 モデルの森星さんが11日、阪急うめだ本店(大阪市北区)9階の祝祭広場で行われた仏ファッションブランド「クリスチャン・ディオール」の展覧会「ル・テアトル・ディオール」のプレスプレビューに登場。黒いトップスに「現代のパリジェンヌ」をイメージしたという同ブランドの2016年春夏のオートクチュールドレスを重ね着し、「(ドレスは)オートクチュールだけど着ていてリラックスできる。360度、どこから見ても美しいデザインで、特にバックのリボンが気に入っている」と笑顔を見せた。

【写真特集】森星の全身ショットが可愛い まるで本物!貴重なディオールのミニチュアドレスも

 森さんが着たドレスは、淡いピンクのアシンメトリーなデザイン。種類の異なる何千ものスパンコールや、デザイナーのクリスチャン・ディオールさんが愛した花「スズラン」の刺しゅうが、手作業で施されている。

 展覧会は、同ブランドを象徴する49点のオートクチュールドレスを、約3分の1のミニチュアサイズで精巧に再現し、九つのテーマで展示して、同ブランドの歴史を振り返るもの。ブランドの創立者ディオールさんのほか、同ブランドの歴代の主任デザイナーを務めたイヴ・サンローランさん、マルク・ボアンさん、ジャンフランコ・フェレさんや、ジョン・ガリアーノさん、現在の主任デザイナー、ラフ・シモンズさんが手がけたドレスのミニチュアが展示される。中国、ドバイなどを経て、大阪が7都市目の開催となる。

 阪急うめだ本店9階の祝祭広場で6月25日まで開催。入場料は無料。

最終更新:6月13日(月)23時17分

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。