ここから本文です

18歳ヘンダーソンがメジャー初制覇 19歳コーをプレーオフで破る

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月13日(月)10時31分配信

◇米国女子メジャー◇KPMG女子PGA選手権 最終日◇サハリーCC(ワシントン州)◇6624yd(パー71)

続々アップ!「KPMG女子PGA選手権」大会フォトギャラリー

18歳のブルック・ヘンダーソン(カナダ)が世界ランキング1位の19歳リディア・コー(ニュージーランド)をプレーオフで破り、メジャー初制覇を飾った。大会史上最年少優勝を達成。昨年8月「ポートランドクラシック」以来のツアー2勝目となった。

首位のコーを2打差で追って出ると1イーグル4バーディの「65」でプレーし、通算6アンダーとして追いついた。18番パー4で行われたプレーオフ1ホール目、2打目をピン左50cmにつけ勝負を決めた。ウィニングパットを沈めると大歓声に包まれた。

昨年の「ザ・エビアン選手権」からのメジャー3連勝を目指したコーは2位。出場試合3連勝中だったアリヤ・ジュタヌガン(タイ)は「66」でプレーしたが、1打及ばず通算5アンダーの3位で終えた。4位には通算2アンダーでユ・ソヨン、パク・ヒヨン、イ・ミリムの韓国勢が続いた。

日本勢3選手は下位に沈んだ。宮里藍は「73」と落とし通算8オーバー39位。2日目には首位と2打差の6位につけたが、決勝ラウンド2日間で崩れた。宮里美香は通算11オーバー50位、野村敏京は通算13オーバー63位だった。

<主な最終成績>
優勝/-6/ブルック・ヘンダーソン
2/-6/リディア・コー
3/-5/アリヤ・ジュタヌガン
4T/-2/ユ・ソヨン、パク・ヒヨン、イ・ミリム
7/-1/エイミー・ヤン

39/+8/宮里藍
50/+11/宮里美香
63/+13/野村敏京

最終更新:6月13日(月)13時24分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。