ここから本文です

<二階堂ふみ>緑ワンピ×ショートブーツで爽やかに メークは大人っぽく

毎日キレイ 6月13日(月)23時6分配信

 女優の二階堂ふみさんが13日、東京都内で行われた日本外国特派員協会主催の映画「ふきげんな過去」(前田司郎監督)の会見に出席。グリーンのワンピースに、同系色のラメ入りショートブーツを合わせた爽やかな装いで登場した。

【写真特集】二階堂ふみのファッション 全身カット

 この日の二階堂さんは、ウエーブがかかったセミロングをセンターパーツで分け、しっかりめのアイメークに、口紅は赤と大人っぽい雰囲気。ネイルはファッションに合わせてグリーンと黒のバイカラーだった。

 映画は、三島由紀夫賞、向田邦子賞、岸田國士戯曲賞などを受賞した、劇団「五反田団」を主宰する劇作家の前田監督のオリジナル脚本。毎日が死ぬほど退屈でつまらない果子(二階堂さん)の前に、18年前に死んだはずの伯母・未来子(小泉今日子さん)が、突然戻ってくる。そして、本当の母親は自分だと告げられる……というストーリー。25日公開。

 会場に集まった外国人記者に、二階堂さんは「Hi,everyone!」と呼びかけ、英語で「今晩来ていただきありがとうございます。この映画はいかがでしたか?」などとあいさつ。記者から「この作品に出演しようと思った理由は?」と聞かれた二階堂さんは、「小泉さんと親子という関係性で共演してみたかった」と答えていた。

最終更新:6月14日(火)9時18分

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。