ここから本文です

「我ら弓道に夢中」 大城さんら同好会 本部

沖縄タイムス 6/13(月) 9:34配信

 【本部】北部地域では珍しい弓道同好会(大城司代表)が、町八重岳の駐車場で毎週日曜日、練習に励んでいる。指導者は国体出場経験のある田村倫さんだ。
 大城代表は今帰仁村在住。以前から弓道に興味があり、約2年前、沖縄市が開催する初心者弓道教室に申し込んで弓道を始めた。
 その後、本部町で田村さんが教えているのを知り、本部町でも練習するようになった。大城さんは「弓道は集中力を養うことができる、奥が深い競技」と魅力を話す。5月15日、練習に参加したのは3人。3人は、交代で28メートル離れた的に矢を射る練習を繰り返した。
 町内から参加した女性は「はじめはとても難しく、弓と引き矢を離すことができなかったが、練習を重ねるうちにできるようになった」と振り返る。
 大城さんは「この駐車場は好意で使わせて頂いている。現在、屋内練習場を探している。メンバーも募集中です」と笑顔で話した。問い合わせは大城さん、電話090(1949)1958。(赤嶺幸代通信員)

最終更新:6/13(月) 11:22

沖縄タイムス