ここから本文です

高雄と台南の2首長、益城町を視察 避難所での被災者支援の経験学ぶ/台湾

中央社フォーカス台湾 6/13(月) 14:01配信

(台南 13日 中央社)熊本県を訪問していた頼清徳・台南市長と陳菊・高雄市長は12日、熊本地震で大きな被害を受けた益城町に足を運び、復興状況や避難所での被災者支援などについて視察した。

台南市政府は、益城町の被災者支援について、地域の環境整備や回復、物資の集中、避難所の運営などはいずれも秩序立っていると称賛。ペット連れ専用の避難場所が設けられていることを例に挙げている。

陳市長は被災地の早期復興を願うと同時に、台湾と日本の双方が災害時の緊急援助や対応、海外での救援協力などについて互いに学び合うことも可能だとし、災害救助における熊本と高雄の交流の深化に期待を示した。

(楊思瑞/編集:名切千絵)

最終更新:6/13(月) 14:01

中央社フォーカス台湾

なぜ今? 首相主導の働き方改革