ここから本文です

SNS疲れにさよなら。「交友関係デトックス」3つのステップ

ZUU online 6/13(月) 11:10配信

最近、FacebookやLINEなど様々なコミュニケーションツールが増え、毎日のようにいろんなイベントや飲み会のお誘いを受けやすくなったと思います。自分の周りの人たちが友達同士で盛り上がっている写真を見たりすると、「自分もそういう場に身を置かなきゃ」というような気持ちになってしまう人もいるかもしれません。

でももし、予定は埋まっていくけれど心は満たされない、という感覚があるのなら、一度、交友関係をデトックスする必要があるかもしれません。

自分がよい影響を受けられない人と付き合い続けたり、「なんとなく」の付き合いで人と会うことを続けると、”なりたい自分”からどんどん遠ざかってしまうからです。

今回は、”なりたい自分”になるために大切な交友関係のデトックス方法について紹介します。

■交友関係をデトックスする3つのステップ

◆ステップ①自分はどんな人たちと一緒に過ごしたいかを考える

まず考えていただきたいのは、あくまで何の制約も制限もなかったときに、自分はどんな人たちと日々一緒に過ごしたいか、ということです。今現在の自分がどんな人たちに囲まれているか、ということは一旦置いておきます。

例えば、仕事に前向きに頑張っている人、仕事や趣味なども含めて生活が充実していてイキイキしている人、起業している人、自分と興味や趣味が同じ人……など、なんでも構いません。自分が憧れている人、こんな風になりたいと思える人を具体的にリストアップしてもよいでしょう。

また、その中には、家族や親しい友人など、今すでに自分の身の回りにいて、自分が安心できる、ほっとできる、そんな気のおけない人たちも含めてください。とにかく、自分が日々どういう人たちに囲まれたら毎日幸せだと感じられるか、をイメージしてみましょう。

◆ステップ②「一緒に過ごしたい人」を再優先する

具体的なイメージができたら、今度はいよいよ実践編。先ほどイメージした「自分が一緒に過ごしたい人」から、今の交友関係の中でそれに当てはまる人を選んでみてください。

選んだら、今日から交際・交友関係に使う時間の中で、その選んだ人たちとの約束や時間を最優先に自分の時間を使うようにしてください。

◆ステップ③勇気を持って誘いを断る

選ばなかった人、もしくは「自分が一緒に過ごしたい人」ではない人から何かお誘いがあった場合には、勇気を持ってお断りしましょう。

もちろん、断る理由は直接的に説明する必要はありません。他の約束がすでにあるとか、習い事があるとか、そういうときにつく嘘は「嘘も方便」です。

■「誰との時間が大切か」考える暇もなく毎日が過ぎていませんか

私自身、以前ヘッドハンターとしての仕事と女性がなりたい自分になることを支援するコミュニティGirls Beeの立ち上げ・運営を両立させていた際には、とにかく「人にあうこと」自体が仕事であったこともあって、毎日怒涛の日々を過ごしていました。

ヘッドハンターの仕事もGirls Beeも、それによって得られる経験や出会える人にはとても充実感を感じていたのですが、一方で、家族や恋人に合わせる余裕のない自分にストレスを感じたり、誰との時間を大事にするかを考える間も無く毎日がどんどん過ぎていくことに漠然とした不安を感じることもありました。

■シンガポールへ移住し、自分の心を整理

そんななか、昨年シンガポールに引っ越しをし、人間関係を新しい土地で構築していく、ということになったタイミングで、先にご紹介した方法で自分が「誰と何をする時間」を大切にしたいかということを見直しました。「誰と何をする時間」にはもちろん「自分との時間」も含まれます。

シンガポールには多くの日本人がいるため、日本人のネットワークや飲み会に参加しようと思えばいくらでもそうした機会はあります。一方で、私は先の方法で自分の心を整理したことで、今の自分にとって必要なこと・優先したいことは、日本人以外の人たちとの交流であること、またその中でも仕事に前向きでオープンマインドに取り組んでいる人たちと一緒にいることであると整理しました。

結果、実際に現在そのような環境・人間関係に囲まれて生活ができています。

■“なりたい自分”の実現を加速させる2つのアプローチ

“なりたい自分”を実現するにあたって、私は大きく二つの側面からアプローチすることが重要だと考えています。

ひとつは、「自分が何をするか」という側面、そしてもうひとつは「誰とどんな環境で過ごすか」という側面。どちらかひとつのアプローチからでもかなえることはできますが、この両側面からアプローチすることで、より”なりたい”をかなえることができる確率とスピードが高まります。

今回は、この二つの側面のうち「誰とどんな環境で過ごすか」について、どのようなことをしたらいいのか、ということを具体的にお伝えしました。

次回は「自分が何をするか」という側面について、整理して行動できるようになる方法を紹介したいと思います。

小川麻奈
日本生まれ、日本育ち、シンガポール在住。転職支援・中途採用支援、ヘッドハンティング、女性支援、プライマリーリサーチ等のビジネスに従事。「あなたの”なりたい”がかなう」Girls Bee創立者兼代表。

(提供:DAILY ANDS)

最終更新:6/13(月) 11:10

ZUU online