ここから本文です

ランガーが大会3連覇 今季メジャー2勝目を飾る

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月13日(月)13時2分配信

米チャンピオンズツアーのメジャー3戦目「コンステレーション・シニアプレイヤーズ選手権」最終日、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)が3ボギーの「73」(パー70)でプレーして通算1オーバーで逃げ切り、大会3連覇を飾った。5月に行われたメジャー初戦の「リージョンズトラディション」に続く今季メジャー2勝目。

【写真】58歳ランガーは2013年「全英シニア」で暗闇の中をプレーする姿も

首位と1打差、通算2オーバー2位にはミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)、ジョー・デュラントの2人。今年5月の「全米シニアプロ選手権」を制したロッコ・メディエイトは「78」と大きく崩れ、通算22オーバーの78位でフィニッシュした。

【最終成績】
優勝/+1/ベルンハルト・ランガー
2T/+2/ミゲル・アンヘル・ヒメネス、ジョー・デュラント
4/+3/ブラント・ジョーブ
5/+4/ウェス・ショートJr.
6/+5/オリン・ブラウン
7T/+6/カーク・トリプレット、バート・ブライアント
9T/+7/マーク・ブルックス、ジェイドン・ブレイク、ジェフ・スルーマン

最終更新:6月13日(月)13時2分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。