ここから本文です

台湾・台東の熱気球フェスティバル、今年は30個の同時打ち上げに挑戦

中央社フォーカス台湾 6月13日(月)17時8分配信

(台東 13日 中央社)東部・台東県の名物イベント「2016台湾国際熱気球フェスティバル」が7月1日から8月7日まで開かれる。開幕日は台湾最多となる30個のバルーンの同時打ち上げに挑戦。各地から訪れた見物客を魅了する。

同イベントは2011年から毎年開催されており、今年で6回目を数える。昨年は70万人の見物客でにぎわった。

今年は初めて国際熱気球コンペティションを実施。そのほか、ユニークなデザインが施されたバルーン15個もお目見えする。台東県政府はその一部のバルーンについて、中国語名をイベントの公式フェイスブックページで募集している。

(盧太城/編集:名切千絵)

最終更新:6月13日(月)17時8分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。