ここから本文です

韓国国防相あす訪仏 北朝鮮核問題と協力策を議論

聯合ニュース 6月13日(月)11時39分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の韓民求(ハン・ミング)国防部長官が14日から16日までフランスを公式訪問する。ルドリアン国防相との会談で北朝鮮の核・ミサイルと不拡散問題を集中的に話し合い、年初に核実験と長距離弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮に圧力をかける国際協調をさらに強化する方針だ。韓国国防部が13日発表した。

 国防部によると、昨年11月の韓仏首脳会談で合意した「両国間の国防分野の協力拡大・強化」の実質的な方策の議論に向け、フランスが韓長官を招いた。同部は「フランスは国連安全保障理事会の常任理事国で欧州連合(EU)の主導国だ」と、フランスの国際社会での存在感に注目する。

 韓長官とルドリアン国防相はアジア安全保障会議が開かれたシンガポールで5日に2国間会談を開き、対北朝鮮制裁の協調強化で一致している。

 今回の会談では北朝鮮の核・ミサイル問題以外にも、国際的な平和維持活動やサイバー安保を含む多様な分野の協力強化について話し合う。国防部は「フランスは朝鮮半島と世界的な課題に関しわれわれと利益を共有するパートナーだ」とし、「韓長官の訪仏を機に両国の戦略的国防協力強化の基盤が築かれるだろう」と期待を示した。

 韓国国防部長官のフランス公式訪問は2007年12月以来。韓長官はフランス軍の朝鮮戦争参戦碑に献花し、フランス将校の教育機関で演説する予定だ。両国の戦略的な国防協力計画を説明し、韓国政府の国防政策に対し理解と支持を求める。

最終更新:6月13日(月)11時39分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。