ここから本文です

【Krush】新王者・佐々木「最後は執念に尽きる」

イーファイト 6月13日(月)22時18分配信

 6月12日(日)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.66』の一夜明け会見が、13日(月)都内にて行われた。

【フォト】佐々木が試合を有利に運んだ左ミドルキック

 会見には、第4代Krush -63kg王座決定トーナメント決勝戦(王座決定戦)で、優勝候補のK-1甲子園2014優勝者・平本蓮(K-1ジム総本部チームペガサス)を番狂わせで破り、第4代王者となった佐々木大蔵(K-1ジム・チームドラゴン)が出席。

「ホッとしているとともに、一夜明けてこのベルトの価値を高めたい、輝かせたいという気持ちが強まっています。歴代王者の方々が巻いてきた歴史あるベルトの価値を僕がさらに高めて、これを獲りたいと言う人たちがいっぱい出てくるベルトにしたいと思います」と、王者としての所信表明を行った。

 試合については、「必死に試合をしていただけです。平本君とは紙一重の気持ちの勝負で勝ったと思います。1Rで最初にパンチをもらった時、秀さん(K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本トーナメント優勝者・山崎秀晃)とスパーリングをやってきたので、そのパンチと比べるといけるなって確信を持てました。1Rも2Rもパンチをもらっていたけれど全部見えていましたね。自信を持って前に出ることが出来ました」と振り返り、「平野君と泰斗選手の試合を見ていて、その時から左ミドルキックを使おうと決め、3カ月間それだけ徹底して練習していました」と、対策が上手くいったと語る。

 試合後は、「応援してくれた人たちと喜びを分かち合い、23時までキックパンツ姿のまま後楽園ホールの下で写真撮影などをしていました(笑)。そうしたら雨が降って来たので急いで駐車場で着替えて家に帰り、夜は1時間くらいしか寝れなかったので、ツイッターで自分の名前を検索して試合の感想を調べていました」とエゴサーチしていたという。

 そこで、「SNSを見ていたら“執念を感じた”という人が多かったこと。トーナメントを戦っていく中で最後は執念という言葉に尽きると思っていたので、その言葉通り周りの方が感じてくれたのは嬉しかった」と、自分の想いが伝わったことを喜ぶ。

 同席した宮田充Krushプロデューサーが「デビューしてから苦しい時期もあったが、諦めずにやってきてベルトをもぎ取ったのは本当に凄いことだと思います」と評したように、17勝(5KO)12敗1分という戦績は決して順風満帆ではなかったことを物語っている。

 佐々木は王者になるまでの道のりを振り返り、「格闘技を始めていろいろな想いがあったし、悔しい負けもあって昨日につながった。今までやってきたことが報われた、無駄ではなかったことが30戦というキリのいい数字の試合で証明出来てよかったです」と、今までの努力が報われたことに微笑んだ。

最終更新:6月13日(月)22時18分

イーファイト