ここから本文です

元「Y2K」コ・ジェグン、バラエティ「シュガーマン」への出演オファー 「松尾兄弟は負担感じて不参加」

WoW!Korea 6月13日(月)13時35分配信

日本人兄弟と韓国人からなる男性3人組ロックバンド「Y2K」の元メンバー、コ・ジェグンが”松尾兄弟”の近況を伝えた。

Y2Kのプロフィールと写真

 コ・ジェグンは13日正午放送のラジオ番組MBC FM4U「正午の希望曲キム・シンヨンです」に出演し、「雄一と光次は日本で音楽活動を続けている。2人はSWANKY DANKというチームを結成し、インディーズで活動している」と明かした。

 また、バラエティ番組「シュガーマン」出演の話があったとし、「2人に出演を誘ったが、公演活動を主にしているため、放送への参加は負担が大きいとして叶わなかった。連絡は頻繁にとっていて、1年に1~2回は顔を合わせている」と現在も親しい付き合いを続けていると伝えた。

 コ・ジェグンは「3人で話すときは韓国語を、メールでは僕が韓国語で2人は日本語。翻訳機で解読している」とし、「正しく翻訳されないことがあり、関係に距離ができることもある」とジョークを交えて話し、リスナーの笑いを誘った。

最終更新:6月13日(月)13時35分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。