ここから本文です

寺島拓篤、始まりと飛躍を告げる2daysライブ大盛況!新作&ツアーも発表

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月13日(月)15時42分配信

声優アーティスト、寺島拓篤のワンマンライブ『TAKUMA TERASHIMA LIVE 2016 EX STAGE』が、6月11・12日の2日間に渡って、東京国際フォーラム ホールAで開催された。

【詳細】他の写真はこちら

5周年のスタートとなった今回の公演は、デビューから今までに制作してきた色とりどりの楽曲に加え、8月にリリースする初タイアップシングルTVアニメ「SERVAMP -サーヴァンプ-」ED主題歌「sunlight avenue」の初披露や、ダンサーを交えた迫力のダンスパートなど盛りだくさん。そしてMCでは、彼ならではのあたたかく親しみやすい言葉で想いを語った。

11日は副題を「~STARTING RED~」(始まりの赤)として、音楽活動を開始するきっかけとなった作品との出会いと共に「BRAND NEW MELODY」(「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」アイドルソング/一十木音也)のカバーを披露。

12日「~RISING BLACK~」と題した2日目のライブでは、「BANG x BANG」(「アイドルマスター2」/天ヶ瀬冬馬)をカバー。会場は、おのおのの作品を知るファンからの驚きと歓喜の声で溢れた。

両日とも、音楽活動5 周年という節目を迎え、これまで声優として出会った作品の数々や、ファンへの強い感謝の想いが詰まった内容に。さらに12日公演では、副題の「~RISING BLACK~」(飛躍していく黒)にふさわしい、今後の活動情報が解禁となった。

まずは3rdアルバム制作が決定。詳細は後日ランティスのオフィシャルサイトにて発表される。

さらに、2017年全国ライブツアー『5th ANNIVERSARY TAKUMA TERASHIMA LIVE TOUR 2017 3rd STAGE』の開催も決定。最速チケット先行受付がすでにスタートしている。要注目だ。

<6月11日セットリスト>
『TAKUMA TERASHIMA LIVE 2016 EX STAGE ~STARTING RED~』
M1 ソラニ×メロディ
M2 Prismatic World
M3 SCARLET SIGN
M4 JUMBLE TOWN
M5 フレンド
M6 blue moon
M7 magic words
M8 colors of love
M9 Special Day
M10 BRAND NEW MELODY
M11 a blank map
M12 existence
M13 Nightmare
M14 Architect
M15 0+1(読み:ラブアンドピース)
EN1 ビビッドナイトフィーバー!
EN2 sunlight avenue
EN3 DRIVE!

<6月12日セットリスト>
『TAKUMA TERASHIMA LIVE 2016 EX STAGE ~RISING BLACK~』
M1 border-line
M2 silent stride
M3 INNER STAR
M4 JUMBLE TOWN
M5 hazy
M6 blue moon
M7 magic words
M8 colors of love
M9 Special Day
M10 BANG x BANG
M11 a blank map
M12 existence
M13 スターテイル
M14 Architect
M15 0+1(読み:ラブアンドピース)
EN1 ビビッドナイトフィーバー!
EN2 sunlight avenue
EN3 HERO

ライブ情報
5th ANNIVERSARY TAKUMA TERASHIMA LIVE TOUR 2017 3rd STAGE
2017年
04/02(日) 宮城・仙台PIT
04/08(土) 北海道・ペニーレーン24
04/15(土) 福岡・スカラエスパシオ
04/23(日) 大阪・Zepp Namba(OSAKA)
04/29(土・祝) 石川・金沢AZ
05/06(土) 東京・Zepp Tokyo
05/07(日) 東京・Zepp Tokyo

ランティス OFFICIAL WEBSITE
http://www.lantis.jp/

寺島拓篤 OFFICIAL BLOG
http://blog.livedoor.jp/terashimatakuma/

最終更新:6月13日(月)19時58分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。