ここから本文です

「DOCUMENTARY of AKB48」数量限定“私服生写真”付き前売券が17日より発売

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月13日(月)22時0分配信

「赤裸々すぎる」「戦争映画のよう」と評され、アイドル映画の概念を塗り替え続けてきた「DOCUMENTARY of AKB48」シリーズ。その最新作・シリーズ第5弾となる「DOCUMENTARY of AKB48」(仮題)が7月8日に全国公開される。

【詳細】映画の特報はこちら

そして、公開まで残すところ1ヵ月を切った本作の“全国共通特別前売券”が、6月17日より発売されることが決定した。さらに、メンバーの私服生写真(ランダム封入)が数量限定特典として決定。全国の上映劇場にて発売される。

券面に描かれた「AKB48はなぜ10年続いたのか?」「AKB48はあと10年続くのか?」の問いは何を意味するのか。過去のドキュメンタリーシリーズで踏み込むことができなかった部分に挑む、石原監督の本気度を伺わせる硬派なデザインに仕上がっている。

映画情報
「DOCUMENTARY of AKB48」(仮題)
2016年7月8日(金)より全国ロードショー
企画:秋元康
監督:石原真
出演:AKB48
配給:東宝映像事業部
(C)2016「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

映画公式サイト
http://www.2016-akb48.jp

AKB48 OFFICIAL WEBSITE
http://www.akb48.co.jp/

最終更新:6月13日(月)22時0分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。