ここから本文です

怖がる山本美月&玉城ティナに、伽椰子がガッツポーズ!

Movie Walker 6月13日(月)21時7分配信

最恐ヒロインの共演&対決が実現した映画『貞子vs伽椰子』(6月18日公開)の公開直前イベントが6月13日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、山本美月、玉城ティナが登壇。サプライズゲストとして貞子、伽椰子、俊雄も登場し、会場を沸かせた。

【写真を見る】伽椰子が勢いあるガッツポーズを披露!会場も大爆笑

本作は、『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子が共演を果たしたスーパープロジェクト。この日のイベントでは、山本と玉城がティーン50名と一緒に、アトラクション型4Dシアター「MediaMation MX4D」を初体験。山本は「まだ心臓がドキドキしています」と興奮しきり。玉城は「すごくホラーが苦手なので。見られるか不安でしたが、みなさん一緒に怖がってくれてうれしかった。みんながいてくれたので、力強かった」と同世代の存在が大きなパワーとなった様子だった。

しかしながら、山本から「ティナちゃんは顔を背けていた」と怖さのあまり目を伏せてしまう瞬間もあったことを暴露された玉城。出演者をも怖がらせることができたことに、伽椰子は「よっしゃ!」とばかりにガッツポーズを見せ、貞子も負けじとガッツポーズを披露。会場の笑いを誘っていた。

MX4Dは、映像に合わせて座席が動いたり、水や香りなど特殊効果が働き、アトラクション感覚で映画を楽しめる最新の映画鑑賞システム。山本は「すごい迫力で遊園地にいるよう。アトラクションにいるような感覚で楽しめました」と言い、とりわけ「呪いの家に入ったときに香った!」と印象的なシーンを告白。玉城も「想像以上に揺れた。(水で)顔がびしゃびしゃになっちゃって」と目を丸くし、「終わった後、放心状態になっちゃいました」と感想を明かしていた。

最後には山本が「貞子さんはツイッター、伽椰子さんはインスタグラムをやっている。リツイート、リポストをお願いします!」、玉城も「『呪怨』と『リング』の2大ホラーが対決する。たくさんドキドキしてほしい!」と力強くアピールしていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:6月13日(月)21時7分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。