ここから本文です

【ライヴレポート】Rayflower、vistlipを迎えた東京公演で「ニッポン、こんにちは!」

BARKS 6月14日(火)7時25分配信

Rayflowerが6月、約4年ぶりとなる主催イベント<Night which GLOURIOUS>を東京および大阪にて開催した。同イベントはRayflowerが「刺激的なバンドと共演したい」をコンセプトにスタートしたもの。東京は6月6日に恵比寿リキッドルームにてvistlipと、大阪は6月8日にBIG CATにて摩天楼オペラと共演、超満員のオーディエンスを魅了した。

◆Rayflower 画像

6月6日、恵比寿リキッドルームのステージへ最初にステージに登場したのは、ヴィジュアルシーンの中堅として人気と実力を兼ね備えたvistlipだ。ヴィジュアル・ロックシーンの中堅として、人気と実力を兼ね備えたバンドである。デジタルなSEにのってステージに登場した5人は、最初から激しさ全開。バスドラの連打、ヘヴィなスピードチューン、「あたま、振れ!」というヴォーカル智のあおりで会場中がヘドバン一色になる等、前半から飛ばしまくっている。爆音の演奏の中でもメロディはしっかりしていて、1曲の中でもいろいろな表情を持つ曲調が印象的だ。

4曲続けてプレイした後、智が一息入れるかのように「楽しんでますか? 見るからに、わかります。(今日)はじめましての人、めっちゃ多いですよね。はじめまして、vistlipと申します。縁があって、今日はRayflowerさんのイベントに呼んでいただきました」と、挨拶する。実は、彼らは現在全国ツアー中で、そのツアーではパーカーやTシャツといったラフな服装でステージに立っているため、「超久しぶりに衣装とメイクをした」のだそう。

そして、「(衣装を着ているから)ツアーの時よりも、この曲の雰囲気を引き出せるんじゃないかと思います」といって、泣きのギターで始まったのが「Rosalia Lombardo」。前半のヘヴィな楽曲とは一線を画す切ないメロディが胸に響くミディアムテンポの曲である。この曲でいったんは会場がしっとりとした空気になったのだが、次の「Idea」で智が再び「あんまりしんみりしないで、笑顔になろうぜ」と手拍子をうながすと、観客はすぐにまた元気にハンドクラップ。明るい曲調ながら、重低音を響かせる激しいドラミングとリズミカルなベース、テクニカルな早弾きで楽曲を彩るギターが会場全体を盛り上げる。“はじめまして”のRayflowerのファンまで、自然と彼らの世界に引き込んでしまうパワーはさすがである。

「楽しんでるか、東京! いや、東京だけじゃないかもしれないから、ニッポン!」と、さらに会場の熱を上げるように智が叫ぶ。後半はたたみかけるように、デスヴォイスでシャウトする激しい曲やジャンプやヘドバンする曲が続き、フロアはカオス状態。梅雨入りしたばかりの高い湿度も手伝ってか、ステージ上も客席もかなりヒートアップしている。

ラストは、ギターの海がマイクを持ってセンターでラップを披露する「LION HEART」で、さらにハイテンション。全力疾走のまま、全12曲のステージを終えた。

セットチェンジが終わると、次はRayflowerの登場である。SEが流れる中メンバーがステージに登場し、その音が一瞬途切れたかと思うと、ヴォーカルの田澤孝介が力強く右手の拳をあげてステージ中央に立っている。それに呼応するように観客も拳をあげ、重厚な「Welcome to The Gracious World」の演奏が始まった。これから始まるショーへの期待感を増幅させる昨年リリースされた彼らのファースト・フルアルバム「Cold & Play」のオープニング曲である。

2曲目は、ポップでゴージャスなシングルチューン「彩疑心」。テクニシャンで有名な5人が生み出す音が、一瞬にして会場の色を塗り替える。5人がそれぞれのグルーヴで演奏しているように見えて、5つの音がまとまった固まりになった時の存在感は圧倒的だ。歌始まりのダンスナンバー「サバイヴノススメ」では都啓一がショルダーキーボードに持ち替えて、ステージ前面でギターのYUKIと笑顔でプレイ。曲終わりでは、田澤孝介がパワフルなロングシャウト。あの華奢な身体のどこからこれほどの声が出るのか、驚異的でさえある。

「ニッポンのみなさん、こんにちは!」と最初のMCで、いきなり田澤孝介がvistlipの智がライヴ中に発言した言葉を引用し、会場は大爆笑である。「せっかくvistlipがあたためてくれたから、今日はこれぞRayflowerというステージをやります!」と宣言して、中盤戦へと突入する。

重く力強いドラムをたたき出すSakura、超絶スラップで怒濤のベースラインを聞かせるIKUO、「これぞ、キーボード!」と王道の鍵盤プレイを披露する都啓一、楽しそうにくるくる回りながら驚くほどテクニカルなギターを正確に奏でるYUKI。強者たちが集まった楽器隊が生み出すサウンドは、音数も非常に多くて轟音である。その音に埋もれることなく、しっかりと歌詞が聞こえる田澤の声量あふれるヴォーカルが加わり、「まさにRayflower!」といえるスリリングなのに、ポップで楽しい楽曲が次々と繰り出される。

物販のタオルの話をする普段着感覚の2回目のMCのあとは、観客がタオルを振る「Make A Judgement」。イントロでIKUOのベースソロが炸裂する「Runaway Brain」ではメンバーも観客も激しくヘドバン、爽快でハートフルな「ユースフルハイ」と続き、本編ラストはとびきりのポップナンバー「Soul survivor」。作曲者であるIKUOもヴォーカルに参加し、会場中がひとつになって盛り上がる。さらにアンコールの「U-TOPIA」では、「いい空間でやらせてもらってるな。いいエネルギーが、充満しております」という田澤孝介の言葉通り、メンバー全員がとても素敵な笑顔を見せ、全12曲のステージを締め括った。

最後に、普段着に着替えたvistlipのメンバーが、再びステージに登場。智がMCでいった「ニッポン」という言葉をネタにした田澤孝介に、今度は突っ込んでトークする。両バンドとも、楽屋のモニターで相手のライヴをしっかり見ていたらしく、和気あいあいだ。そして、2バンドのメンバー10人と会場のファンも一緒に、手をつないで「ありがとう!」と、ジャンプ。熱いバトルを繰り広げた2時間半のライヴは、ポジティブなエネルギーに満ちたまま、幕を閉じた。

Rayflowerは6月8日の大阪公演の後、8月24日のHEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3を皮切りに10月20日赤坂BLITZまで、全国12ヶ所を回るツアー<Rayflower TOUR 2016~Bloom Moment~>を開催する予定だ。

取材・文◎大島暁美 撮影◎インテツ

■<Rayflower presents Night which GLORIOUS>6月6日@恵比寿リキッドルームSETLIST
【vistlip】
01. GLOSTER IMAGE
02. Which-Hunt
03. HEART ch.
04. SIREN
05. Rosalia Lombardo
06. ldea
07. Dead Cherry
08. Prey Shadow
09. My Second B-boy
10. MONOGLAM
11. Imitaion Gold
12. LION HEART
【Rayflower】
01.Welcome to The Gracious World
02.彩戯心
03.サバイヴノススメ
04.SILVER BULLET
05.哀しみのリフレイン
06.Words Of The Wise Man ~時の贈り物~
07.It's a beautiful day
08.Make A Judgment
09.Runaway Brain
10.ユースフルハイ
11.Soul survivor
ENCORE
EN1.U-TOPIA

■<Rayflower TOUR 2016 ~Bloom Moment~>
2016/08/24(水)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
18:30open/19:00start
2016/08/27(土)名古屋E.L.L
17:15open/18:00start
2016/08/28(日)大阪 UMEDA CLUB QUATTRO
16:45open/17:30start
2016/08/30(火)岡山 IMAGE
18:30open/19:00start
2016/09/01(木)福岡 BEAT STATION
18:30open/19:00start
2016/09/06(火)金沢 AZ
18:30open/19:00start
2016/09/07(水)長野 CLUB JUNK BOX
18:30open/19:00start
2016/09/21(水)仙台 darwin
18:30open/19:00start
2016/09/28(水)神戸 チキンジョージ
18:30open/19:00start
2016/09/29(木)京都 MUSE
18:30open/19:00start
2016/10/13(木)札幌 cube garden
18:30open/19:00start
2016/10/20(木)東京 赤坂BLITZ
18:00open/19:00start
▼チケット
前売:5,000円
※入場時ドリンク代別途必要 ※未就学児入場不可
一般発売:2016/6/26(日)AM10:00~

最終更新:6月14日(火)7時25分

BARKS