ここから本文です

マカオの財政黒字6割超ダウン、カジノ税収落ち込みで=2015年度

マカオ新聞 6/13(月) 12:29配信

 このほどマカオ政府財政局が公表した昨年度(2015年1~12月)の財政収支表によれば、歳入は前年度から28.3%減の1161.1億パタカ(日本円換算:約1兆5426億円)、歳出は同20.4%増の807.5億パタカ(約1兆728億円)となり、財政黒字は62.7%減の353.5億パタカ(約4697億円)にとどまった。

 昨今のカジノ売上の低迷長期化を受け、歳入の大半を占めるカジノ税収が前年から3割超の落ち込みとなったことが響いた。

 カジノ税収の計算根拠となるのがカジノ売上で、税率はおよそ40%だ。マカオの月次カジノ売上は昨年6月から今年5月まで24ヶ月連続で前年割れ、昨年の年間カジノ売上は前年から34.3%の大幅減となる2308.4億パタカ(約3兆669億円)で、2年連続で前年割れとなり、金額は2011年実績をやや下回る水準にまで逆戻りした。カジノ売上減の理由として、中国本土富裕層を中心としたハイローラーと呼ばれるVIPカジノ客の流出が指摘されている。

 なお、今年3月末時点のマカオ特別行政区の財政準備資産高は4360.1億パタカ(約5兆7928億円)、外貨準備高は1525億パタカ(約2兆255億円)で、財政準備資産との合計は5885.1億パタカ(約7兆8165億円)に上り、2016年度の歳出の6.6倍に相当する「貯金」を持っていることになる。

最終更新:6/13(月) 12:29

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]