ここから本文です

マカオの財政黒字6割超ダウン、カジノ税収落ち込みで=2015年度

マカオ新聞 6月13日(月)12時29分配信

 このほどマカオ政府財政局が公表した昨年度(2015年1~12月)の財政収支表によれば、歳入は前年度から28.3%減の1161.1億パタカ(日本円換算:約1兆5426億円)、歳出は同20.4%増の807.5億パタカ(約1兆728億円)となり、財政黒字は62.7%減の353.5億パタカ(約4697億円)にとどまった。

 昨今のカジノ売上の低迷長期化を受け、歳入の大半を占めるカジノ税収が前年から3割超の落ち込みとなったことが響いた。

 カジノ税収の計算根拠となるのがカジノ売上で、税率はおよそ40%だ。マカオの月次カジノ売上は昨年6月から今年5月まで24ヶ月連続で前年割れ、昨年の年間カジノ売上は前年から34.3%の大幅減となる2308.4億パタカ(約3兆669億円)で、2年連続で前年割れとなり、金額は2011年実績をやや下回る水準にまで逆戻りした。カジノ売上減の理由として、中国本土富裕層を中心としたハイローラーと呼ばれるVIPカジノ客の流出が指摘されている。

 なお、今年3月末時点のマカオ特別行政区の財政準備資産高は4360.1億パタカ(約5兆7928億円)、外貨準備高は1525億パタカ(約2兆255億円)で、財政準備資産との合計は5885.1億パタカ(約7兆8165億円)に上り、2016年度の歳出の6.6倍に相当する「貯金」を持っていることになる。

最終更新:6月13日(月)12時29分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。