ここから本文です

家事代行を頼むより安い 共働き家庭にあったら嬉しい【家事時短】家電・グッズ13個

マネーの達人 6/13(月) 5:00配信

共働き家庭では、家事分担がしばしば問題になります。

最近は家事代行の業者も増えていますし、お金さえかければ家事分担の問題はクリアできるんですよね。

でも、家事代行も安くはありませんし、「多少お金がかかるぐらいならいいけど、月に何万も払うのは嫌だ」と思ってしまいます。

そこで、今回は家事代行を頼まなくても、家事の負担を軽減できる家事時短アイテムをまとめてみました。

「あった方がいいかな?」と悩んでいる人は参考にしてくださいね。

1. 食洗機

食器洗いの手間が劇的に減る食洗機。ついでに水道代の節約にもなります。

場所をとるものなので悩みやすいものですが、食器洗いが面倒くさい方はキッチンが少し狭くなったとしても購入をおすすめします。

【予算】:5万円前後

2. ロボット掃除機

出掛けているあいだに掃除をしてくれるので、掃除機をかけることがなくなります。

隅々まで丁寧に掃除してくれるので、自分で掃除機をかけるよりもきれいになりますよ。

ただし、段差があると使えないので、段差がある家庭は「今日はリビング、明日は和室」というような使い方になります。

【予算】:3~10万円

3. 大きなカゴ

便利グッズではどうにもできないのが「片付け」です。片づけだいけは自分でやらなければなりません。

そこでおすすめしたいのが大きなカゴ。100円ショップでも手に入るような軽くて大きなカゴを複数用意しておけば、「とりあえず放り込む」だけで片づけができます。※カゴの中身をそれぞれの場所に戻す必要はありますが。

「うちは散らかっているからロボット掃除機が使えない」という人には特に、おすすめですよ。

【予算】:1つ108円~

4. ドラム式洗濯機(乾燥機能付き)

乾燥機能があれば天気関係なくシーツなど大物の洗濯もできます。また、ドラム式の方が節水にもなり水道代が下がりますよ。

なるべく容量の大きい物を買う方がまとめて洗濯できますから、高額でも容量の大きいものをおすすめします。

【予算】:15万円前後

1/3ページ

最終更新:6/13(月) 5:00

マネーの達人