ここから本文です

麦秋-梅雨の晴れ間に刈り取り進む

両丹日日新聞 6月13日(月)8時0分配信

 麦の刈り取り時期「麦秋」を迎え、京都府福知山市内でも作業が進められている。

 市内の小麦の作付け面積は約72ヘクタール。このうち、半田地区には約6ヘクタールあり、半田営農生産組合が今月初めから刈り取り作業を始めた。

 梅雨の晴れ間が広がった10日には、黄金色に実った小麦の穂が風に揺れる中、組合員がコンバインで刈り取っていた。

 刈り取られた小麦は綾部市にあるJA京都にのくにの綾部カントリーエレベーターで乾燥・調製される。

両丹日日新聞社

最終更新:6月13日(月)8時0分

両丹日日新聞