ここから本文です

LAでゲイパレード襲撃計画か 男を逮捕、車に大量の武器

AFPBB News 6月13日(月)8時52分配信

(c)AFPBB News

【6月13日 AFP】米カリフォルニア(California)州サンタモニカ(Santa Monica)で12日、所有する自動車内に多数の武器や弾薬、爆弾の材料を所持していた男が逮捕された。男は、同州ロサンゼルス(Los Angeles)で同日に行われたゲイプライドパレードに参加するつもりだったと供述しており、警察が詳しい動機について調べを進めている。

 逮捕されたのは、ジェームズ・ハウエル(James Howell)容疑者(20)。サンタモニカ警察は当初、男がプライドパレードに「危害を加える」つもりだったと供述したと発表していたが、後にAFPに対し、男が供述したのはパレードへの参加予定のみで、襲撃計画については言及していなかったと訂正した。

 同日未明には、フロリダ(Florida)州オーランド(Orlando)の同性愛者向けナイトクラブで50人が死亡する米史上最悪の銃乱射事件が起きたばかりだった。警察当局は、両事件の関連性はないもようだとしている。

 米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)が警察筋の話として伝えたところによると、サンタモニカで不審人物についての通報があり、駆け付けた警官が容疑者の車からアサルトライフル3丁、大容量の弾倉、爆弾製造に使われる薬品が入った容量19リットルの容器を発見した。車のナンバープレートはインディアナ(Indiana)州のものだったという。

 ロサンゼルスのゲイプライドパレードには、フロリダ州の銃撃事件が発生する前の予想として、約40万人の参加が見込まれていた。映像はゲイプライドパレードと警備にあたる警察官ら。12日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:6月13日(月)17時4分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。