ここから本文です

ティエムの決勝戦、強雨により翌日順延<男子テニス>

tennis365.net 6月13日(月)9時2分配信

メルセデス・カップ

男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)は12日、第3シードのD・ティエム(オーストリア)と第7シードのP・コールシュライバー(ドイツ)のシングルス決勝戦が行われたが、第1セットのタイブレーク3-2とコールシュライバーがリードしたところで強い雨により中断し、翌13日に順延となった。

フェデラー撃破のティエム 「幸運だった」

1時間遅れで試合が始まるも、雨により中断し、選手は約5時間の待機を強いられた。その後再開するも、第1セットのタイブレークでカウント3-2としたところで2度目の中断を余儀なくされ、天候の回復が見込めず翌日へ持ち越された。

ティエムとコールシュライバーは今回が3度目の対戦で、過去はコールシュライバーから2戦全勝。直近は今年のBMWオープン決勝で、コールシュライバーがフルセットの末に勝利した。

ティエムは、今大会の準決勝で第1シードのR・フェデラー(スイス)を3-6, 7-6 (9-7), 6-4の逆転で破り、決勝へ駒を進めている。

tennis365.net

最終更新:6月13日(月)9時2分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。