ここから本文です

サイト消失「ICT女子プロジェクト」で新たな不備 劇団の応募用紙の流用に「言い訳の余地がない」

BuzzFeed Japan 6月13日(月)17時31分配信

一般社団法人テレコムサービス協会のICTビジネス研究会が主催する「ICT女子プロジェクト」のサイトが閲覧できなくなっている。

このプロジェクトはIT分野における女性の活躍支援をうたっているが、13~24歳の女性で「ICT48」なるグループを組成するにあたり、身長や体重の記入、アップ・全身写真の添付を求めたことが批判の対象となっていた。

その真意についてBuzzFeed Newsの取材に応じた協会は、応募用紙から該当箇所を削除し、「本人確認のために必要だった」と釈明した。しかしその後、突然、サイトが閲覧できない状態になった。

現在、ICT女子プロジェクトどうなっているのか。BuzzFeedは再度、一般社団法人テレコムサービス協会に取材した。そして、その中で新たな疑問も浮かび上がってきた。【BuzzFeed Japan / 井指啓吾】

姉妹グループ「IoT48」も企画中

--サイトが閲覧できなくなっています。

プロジェクトを中止するわけではありません。「ICT女子プロジェクト」の目的、「ICT48」の立ち位置などを、わかりやすく書き直しています。来週の頭には公開する予定です。

--ICT48を企画した経緯は?

女性の支援プロジェクトを立ち上げる中で、社会に出ていない女性の支援も必要だろうと考えて、ICT48を企画しました。ICT48は年齢を13~24歳に制限していますが、今後、起業をしたり、企業で働いたりしている25歳以上の女性を対象とした「IoT48」も募集する予定です。

年齢で分けたのは、ICTビジネス研究会で開いている「ビジネスモデル発表会」で、学生部門と社会人部門の発表を見ていると、年齢層によって、発想がまったく異なるからです。

--なぜアイドルのような名称にしたのでしょうか。

研究会のメンバーで話し合って、AKB48にちなんだ名前を付ければ、多くの人に興味を持ってもらえると考えました。AKB48のプロデューサーである秋元康さんには、名称の承諾をいただきました。
応募用紙の不備のせいですが、こんな興味の持たれ方をするとは思いませんでした。

--ところで、先日までダウンロードできた応募用紙のプロパティを見ると、ファイルのタイトルと作成者が不可解なことになっています。ネットで検索したところ、「ままごと mamagoto」という劇団が作成したものだと確認できます。そこからファイルを流用して応募用紙を作成したのでしょうか。

これはミスで、言い訳の余地がないです。それを参考にしたのは確かです。参考にした結果、事務局の手違いで、元のファイルをそのまま使ってしまったようです。サイト公開前に再度、校正します。

最終更新:6月13日(月)18時26分

BuzzFeed Japan