ここから本文です

UACJ押出加工、タイ工場で自動車熱交換器用多穴管能力増強

鉄鋼新聞 6月13日(月)6時0分配信

 UACJ押出加工(社長・荘司啓三氏)はタイ・プラチンブリ工場における自動車熱交換器用多穴管の生産能力を増強した。既存設備の改造により能力は1・5倍の月間300トン超に引き上がった。海外の主要ユーザーからの引き合い増加に対して、既存設備の改造による生産能力引き上げで対応する。

 プラチンブリ工場は13年に稼働を始めたカーエアコン向け熱交換器用多穴管の生産拠点。生産した製品はほぼすべてが中国やインド、北米向けに供給されている。
 今回の増強は押出機の改造と周辺設備の新規導入がメーン。押出機については、従来の1度のプレスで4本の製品が押出される“4孔“だったものを“6孔“に改造。加えて、付帯する巻取設備や切断機など複数増強した。
 これらの改造・設備導入により1度のプレスで押出すことができる製品が1・5倍以上に拡大。従来月200トン程度だった能力は月300~340トンまで引き上げられた。設備増強は5月までに完了しており、すでに稼働を始めている。
 今回の設備増強について荘司社長は「ユーザーとの共同開発製品が今後徐々に切り替わってくるので、生産能力を引き上げる必要があった」とした。プラチンブリ工場では今後、エアコン熱交換器材の生産も視野に入れるなどさらなる事業の拡大が期待されている。

最終更新:6月13日(月)6時0分

鉄鋼新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]