ここから本文です

ダイハツ「ハイゼットキャディー」はウェイクの販売不振が生み出した軽商用車の隙間商品?【新型車解説】

オートックワン 6/13(月) 13:10配信

「ウェイク」のボディを使った軽商用車

「ダイハツハイゼットの新型が登場する」という話を聞いた時は、ダイハツ「ハイゼットカーゴ(商用バン)」のフルモデルチェンジだと思った。現行型の登場は2004年だから、すでに約12年が経過している。

ダイハツ ハイゼットキャディーの写真を見る

しかも2015年にはライバル車のスズキ「エブリイ」がワゴン仕様を含めてフルモデルチェンジを行い、低速域で作動する緊急自動ブレーキも採用した。ダイハツ「ハイゼットトラック」が2014年に一新したことを考えても、ハイゼットカーゴのフルモデルチェンジが待たれている。

ところが2016年6月13日に発売されたのは、ダイハツ『ハイゼットキャディー』とよばれる、まったく違う軽商用車であった。従来型のダイハツハイゼットカーゴ、同じボディを使うダイハツ「アトレーワゴン」は、今後も販売を続けるという。

本題のハイゼットキャディーだが、外観写真からも分かるように、ダイハツの軽乗用車、「ウェイク」のボディを使う軽商用車だ。乗用車のダイハツ「ミラ」をベースにした「ミラバン」、あるいはスズキ「アルトバン(アルトVP)」のようなクルマと考えれば良い。

後席を取り払い、床面をフラットに

興味深いのは、後席を装着しない2シーターの2人乗りになることだ。4人乗りが欲しいなら乗用車のウェイクを買えば良いわけで、ハイゼットキャディーを2人乗りにしたのは納得できる。

基本的にはウェイクの後席を取り去ったクルマだが、2シーター化に伴って荷室部分の床面形状を少し変えた。車内中央の床下にスペアタイヤを設置して、床面をフラットに仕上げている。

ちなみにウェイクはスペアタイヤを備えず、パンク修理キットを装着した。車内中央の段差は、後席を使う時は乗員の足元空間になり、畳んだ時は後席が収まるスペースになる。

しかしハイゼットキャディーは後席がないから、スペアタイヤを設置して埋めたわけだ。それでもデッキボードをはすずことで、アンダートランクとしても使える。荷室の最後部にもアンダートランクを配置した。

荷室は樹脂製で汚れを落としやすい。軽乗用車なら珍しい機能ではないが、軽商用車では初採用になるという。

このほかディーラーオプションとして、水洗いの可能なオールウェザーマット、汚れたものでも収納しやすい縁高荷室シート、荷室床面の6箇所にフックを装着してベルトなどにより荷物を固定できるフックパック、荷室を2段に分けられる荷室ボード、オーバーヘッドネットなどが用意されて使い勝手を向上できる。

1/3ページ

最終更新:6/13(月) 13:10

オートックワン