ここから本文です

思わぬ“ハモり”に爆笑も。指原、まゆゆ、ゆきりん、松井珠理奈ら出演新CM放送スタート

E-TALENTBANK 6月13日(月)17時19分配信

日本最大級のアルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」の新CM「AKB仲間」篇(15秒)が、6月13日(月)より全国で放映開始スタートする。

今回は、指原莉乃、渡辺麻友、柏木由紀、松井珠理奈、宮脇咲良、横山由依の6名が出演。誰よりも『仲間』の大切さを知る彼女たちだからこそ、かけがえのない仲間がいる大切さを「私も最初は不安だった…でも仲間が支えてくれた。 」「仲間がいるから楽しめる!」という等身大のメッセ―ジで、まっすぐに伝えている。また、CMでは今年も8月10日(水)「バイトルの日」に「バイトルAKB48スペシャルライブ」が開催され、8,100名を招待することが発表されている。

なお、本CMの本編映像は現在バイトル×AKB48グループのキャンペーン特設サイトにて見ることが出来るほか、メイキング映像も用意されていると言う。

CM撮影は、指原、柏木と横山、松井と宮脇、渡辺の順に別々にスタート。ようやくメンバー6名全員が揃っての撮影となると、現場は一段と華やかな雰囲気に包まれた。1カット目からメンバー全員の声が揃い、キレのある動きでチームワークの良さがうかがえた。

撮影の合間に指原が歌を歌い始めると、他のメンバーもそれに合わせて全員で歌ったり、監督の「もう1回(同じカットの撮影を)やる?」という問いに、全員で「やらないです!」と声が揃ったことに笑ったりと、『仲間』との撮影は、周囲にまで楽しさが伝わる撮影現場となった。

柏木と横山、松井と宮脇と、それぞれ2人での撮影時は、抱き合ったり、手と手を合わせたり、肩を組んだりと、『仲間』とのタイミングが必要とされたが、まさに息の合う『仲間』のプロらしい抜群のタイミングで撮影はスムーズに進行。また、メンバー6名全員での撮影中、監督の演技指導に対してメンバーが各々考え始めると、指原が「みんな、やってみようよ!」とメンバーをまとめ、困難も乗り越える『仲間』意識がここでも発揮されていた。

最終更新:6月13日(月)17時19分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。