ここから本文です

「社会保険」と「民間保険」を比較して、無駄な保険への加入を避けよう

マネーの達人 6月13日(月)5時10分配信

保険もいろいろあります

どんな保険をご存じでしょうか? と質問されると、

死亡保険
医療保険
積立保険
損害保険
火災保険

など、普通は民間の保険を思い浮かべるのではないでしょうか。

日本人は保険が大好きで、驚くことに一所帯の年間払込料は生命保険文化センターが実施した「生命保険に関する全国実態調査」によると、平均で一所帯あたり年間約40万円、生涯で男性は2000万円、女性は950万円を払っているそうです。

私たちは、多くの公的な保険に加入しているのですが、加入していることそのものの認識があまりないみたいです。会社員の場合、社会保険料の支払いは給与天引きでしかも、会社と折半ですので意識そのものが希薄になる原因になっているのです。

保険の意義は日常生活の中で発生するリスクに対して金銭面で保障することにあります。

保険の入り方は、個人それぞれの価値観、考え方、好き嫌いで千差万別ですが、年齢や家族関係、年収などそれぞれの事情が異なりますので、自分をとりまくリスクを知って、それに対して合理的にマネジメントするのが得策です。

1. リスクと保険

個人を取り巻く保険は4つに分けられます。

民間保険の種類は、第一から第三分野までの三種類に分類されています。(3項で詳しく説明します) 

■A. 人的なリスク

・ 死に備える(第一分野)
保険の対象…遺族の保障 保険名…生命保険

・長生きに備える(第一・三分野)
保険の対象…老後の費用
保険名…生命保険・年金保険・介護保険

・病気ケガに備える(第三分野)
保険の対象…入院・医療・傷害
保険名…医療保険・傷害保険

■B.生活費の確保

・ 収入・費用に関するリスク(第三分野)
保険の対象…収入減や生活費
保険名…所得補償保険・収入保障保険

■C. 財産を守る

・ 財産に関するリスク(第二分野)
保険の対象…火災・地震・盗難
保険名…火災保険・自動車保険
  
■D. 賠償責任

・ 第三者への賠償(第二分野)
保険の対象…交通事故
保険名…自動車保険(対人・対物)

・ 第三者への賠償(第二分野)
保険の対象…賠償責任
保険名…個人賠償責任保険

1/3ページ

最終更新:6月13日(月)5時29分

マネーの達人