ここから本文です

メッシとC・ロナウドの決定的な違いは“才能“なのか ピケ「レオの足にはボールが貼りついている」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月13日(月)1時10分配信

バルサを愛するピケが語るメッシの凄さ

レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシは常に比較されてきたが、ロナウドとメッシと同じチームでプレイした経験を持つバルセロナDFジェラール・ピケは2人の違いをどう感じているのだろうか。

もちろんバルサファンのピケがレアルの選手をメッシより優れていると称賛することはあり得ない話で、メッシの方が優れているとの見方を示している。仏『L'EQUIPE』によると、ピケはロナウドのこともあらゆる能力を持った選手と称賛したが、メッシにはもっと他の何かがあるとチームメイトの凄さについてコメントした。

「クリスティアーノはスーパーな選手だ。大きいし、スピードはあるし、空中戦だって強い。両足で得点を決めることもできる。だけど、メッシは他の何かを持っているんだ。レオには才能がある。レオはどこでもプレイできるし、彼の能力はクレイジーだ。彼の足には常にボールが貼りついている。本当に凄いよ。それに彼の足はとても強い。レオは史上最高の選手さ」

ロナウドはメッシよりも得点パターンは豊富だが、ドリブルやチャンスメイクの質ではメッシの方が圧倒的に上だ。ピケの語るボールが足に貼りついているとの表現は非常に的確で、それはロナウドでも持ち合わせていないものだ。バルサを愛するピケとしては当然の答えだが、なかなかに説得力のある意見と言えるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月13日(月)1時10分

theWORLD(ザ・ワールド)