ここから本文です

搭乗ゲートが微粒子分析 爆発物探知システムのデモ実施

乗りものニュース 6月13日(月)12時0分配信

読み取り部で微粒子を採取、3秒程度で分析

 日本信号が、伊勢志摩サミット開催日を含む2016年5月25日(水)から5月28日(土)までのあいだ、中部国際空港(愛知県常滑市)の旅客ターミナルで「ゲート型爆発物探知システム」のデモンストレーションを実施しました。

 このシステムは、日本信号と日立製作所、山梨大学が共同で2012年に試作したもの。デモンストレーションは中部国際空港主催のもと、日本信号と日立製作所が参加しました。

 ゲートには爆発物の有無を3秒程度で探知できる、質量分析技術を用いた爆発物探知装置が内蔵されています。搭乗券として使われるICカードや携帯端末を読み取り部にかざした際、高速の気流がそれらに付着した微粒子を採取。吸い込まれた微粒子はゲート内部で、サイクロン方式でもって空気と遠心分離され、質量分析装置に送り込まれ、分析されます。

 日本信号は、今回のデモンストレーションを足掛かりにして、「ゲート型爆発物探知システム」の実用化に向けた開発を積極的に進めていくとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月13日(月)12時17分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]