ここから本文です

バンダウェイが2度目のツアー優勝 [スヘルトーヘンボス/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月13日(月)13時1分配信

 オランダ・スヘルトーヘンボスで開催された「リコー・オープン」(WTAインターナショナル/6月6~12日/賞金総額25万ドル/グラスコート)の女子シングルス決勝は、第6シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)が第3シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)を7-5 7-5で下し、今大会2度目の優勝を飾った。以前の優勝は2014年大会。つまりバンダウェイのツアータイトルは、2度ともこの大会で勝ち獲ったものとなった。

日比野菜緒は今季3度目のツアー8強入りならず [リコー・オープン]

 試合は5ゲームを終えたところで、雨により長い時間中断され、バンダウェイが第1セットを獲ったあと、また中断を強いられた。バンダウェイは7本のサービスエースを放ち、2本のブレークポイントを凌いだ。

 ムラデノビッチにとっては、今年最初のシングルス決勝だった。

 同時開催の男子シングルス決勝、第7シードのジル・ミュラー(ルクセンブルク)と第8シードの二コラ・マウ(フランス)の対戦は、マウが第1セットを6-4で獲ったところで、雨のため月曜日に延期となった。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: BRISBANE, AUSTRALIA - APRIL 17: Coco Vandeweghe of the USA reacts during her match against Samantha Stosur of Australia in the Fed Cup tie between Australia and the United States at Pat Rafter Arena on April 17, 2016 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

最終更新:6月13日(月)13時1分

THE TENNIS DAILY