ここから本文です

フェデラー破った22歳ティエム、今季4度目の優勝<男子テニス>

tennis365.net 6月13日(月)19時53分配信

メルセデス・カップ

男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)は13日、シングルス決勝戦が行われ、第3シードのD・ティエム(オーストリア)と第7シードがP・コールシュライバー(ドイツ)を6-7 (2-7), 6-4, 6-4の逆転で下して今季4度目の優勝を飾り、キャリア通算7度目のタイトル獲得を果たした。

フェデラー撃破 「幸運だった」

この試合は前日に行われるも悪天候により、第1セットのタイブレークの途中で中断で13日へ順延となった。

再開後、ティエムは5ポイント連取されタイブレークを落とすも、第2セット以降はファーストサービスが入った時に86パーセントの確率でポイントを獲得してブレークを許さず、2時間11分で勝利。コールシュライバーとの対戦成績を1勝2敗とした。

今大会で1回戦免除のティエムは、2回戦でS・グロス(オーストラリア)、準々決勝でM・ユーズニー(ロシア)、準決勝では第1シードのR・フェデラー(スイス)を破っての決勝進出。そして、コールシュライバーを下してグラスコートで初優勝を飾り、今シーズンはハード、クレー、グラスの3つのサーフェスでのタイトル獲得となった。

また、ティエムとコールシュライバーは現在開催中のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)にエントリーしている。両者はボトムハーフ(対戦表の下半分)に位置し、勝ち上がると準々決勝で対戦する組み合わせとなっている。

tennis365.net

最終更新:6月13日(月)19時59分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]