ここから本文です

神戸製鋼、銅板月産5000トン目指す 新中計500―1000トン上積み

日刊産業新聞 6月13日(月)11時44分配信

 神戸製鋼所の銅板事業は、2016―20年度の中期経営計画において最終年度に月間生産量5000トンを目指す。直近2年間の平均生産量と比べ、500―1000トン程度上積みする。同社の強みである車載用コネクター向けの錫めっき材を中心として、海外での販売拡大に注力。18年度には、輸出向けの生産比率が50%を超えると見込む。

最終更新:6月13日(月)11時44分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]