ここから本文です

[速報COPA19]難なくハイチを退けたエクアドル、勝ち抜けが決定 97年のボリビア大会以来となる決勝T進出

theWORLD(ザ・ワールド) 6/13(月) 9:47配信

E・バレンシアが2試合連続ゴール

Group_B 第3節 エクアドル 4-0 ハイチ
2016年6月12日 /イーストラザフォード/ 現地18時30分キックオフ

グループリーグで3位につけるエクアドルと、すでに敗退が決まっている4位ハイチによる一戦。序盤からエクアドルがハイチのゴール前に押し込む場面が続くと11分に先制ゴールが生まれる。ウェストハムでプレイするFWエネル・バレンシアがスルーパスに反応し、相手のディフェンスラインの裏へ抜けだすと、右足を振り抜いてゴール右隅に流し込んだ。E・バレンシアは2試合連続、今大会2得点目を記録する。

さらに20分、ハイチのディフェンスラインが高くなっている隙をついて、E・バレンシアがドリブルで抜けだすとGKプラシドの手前で横パス。並走していたFWハイメ・アヨビが右足で押し込んで追加点を重ねた。大量得点の予感が漂うも、その後は決定機を決めれきれず硬直した時間帯が続き前半終了を迎えた。

後半も2点リードで迎えたエクアドルは余裕を持ってボールを保持する時間が続くと、ハイチを突き放す追加点を重ねた。57分にはMFノボアが左サイドからのクロスをファーサイドで受け、ワントラップから強烈なボレーシュートを決めて3点差。さらに78分にはエネル・バレンシアのラストパスからMFアントニオ・バレンシアが右足で押し込んで試合を決定づけるゴールを決めた。

ハイチはゴールをこじ開けることができないまま試合終了。エクアドルが4-0と完封勝利を収めた。エクアドルはコパ・アメリカの舞台で97年のボリビア大会以来となる決勝トーナメント進出を決めた。

[エクアドル代表]
監督 グスタボ・キンテロス

GK
アレクサンデル・ドミンゲス(LDUキト)

DF
ワルテル・アヨビ(モンテレイ/メキシコ)
アルトゥーロ・ミナ(インディペンディエンテデルバジェ)
フリクソン・エラソ(アトレチコミネイロ/ブラジル)
ファン・カルロス・パレデス(ワトフォード/イングランド)

MF
アントニオ・バレンシア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
カルロス・グルエソ(FCダラス/アメリカ)
クリスチャン・ノボア(FCロストフ/ロシア)
ジェフェルソン・モンテーロ(スウォンジー/イングランド)

FW
ハイメ・アヨビ(ゴドイ・クルス/アルゼンチン)
エネル・バレンシア(ウェストハム/イングランド)

交代出場
46分 FWファン・カサレス(アトレチコ・ミネイロ/ブラジル)
(OUT ハイメ・アヨビ)
79分 MFフェルナンド・ガイボル(エメリック)
(OUT カルロス・グルエソ)
84分 MFフィデル・マルティネス(UNAMプーマス)
(OUT エネル・バレンシア)

[ハイチ代表]
監督 パトリス・ネヴ

GK
ジョニ・プラシド(ランス/フランス)

DF
ステファン・ランベース(パリ・サンジェルマン)
ロマン・ジュネヴォワ(ニース/フランス)
メシャック・ジェローム(ジョンソンビル・アルマダFC/アメリカ)
キム・ジャギー(アーラウ/スイス)

MF
ジャン・ウード・モーリス(サイゴン/ベトナム)
ケヴィン・ラフランス(グウォグフ/ポーランド)
ジェイムス・マルスラン(レイルホークス/アメリカ)
ソニー・ノルド(モフン・バガン/インド)

FW
ケルヴェンス・ベルフォール(1461トラブゾン/トルコ)
デュッケンス・ナゾン(ラヴァル/フランス)

交代出場
70分 FWジェフ・ルイ(カーン/フランス)
(OUT ケルヴェンス・ベルフォール)
71分 マックス・イレール(ショレ/フランス)
(OUT ケヴィン・ラフランス)
79分  ジャン・マルク・アレクサンドル(フォートローダーデール/アメリカ)
(OUT ジェイムス・マルスラン)

※所属チームは、2015/16シーズンです。

[得点]
エクアドル  4:エネル・バレンシア(11)、ハイメ・アヨビ(20)、ノボア(57)、アントニオ・バレンシア(78)
ハイチ 0

heWORLD(ザ・ワールド)は、
コパ・アメリカおよびEURO2016の全83試合を速報します!
大会中(6月23日)に、無料電子マガジンも刊行予定。
http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/13(月) 9:47

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]