ここから本文です

[速報COPA20]ペルーが“神の手”でブラジル撃破! ドゥンガセレソンの早すぎる敗退が決定

theWORLD(ザ・ワールド) 6月13日(月)12時27分配信

3分間の協議の末に……

Group_B 第3節 ブラジル 0-1 ペルー
2016年6月12日 /フォックスボロ/ 現地20時30分キックオフ

グループステージのクライマックスを迎えたコパ・アメリカ。グループBではブラジル代表とペルー代表が対戦した。

初戦は期待外れに終わったブラジルだが、続く2節ではハイチ相手に7-1と大勝。ペルー戦のキックオフ前に開催された他会場の結果により、最終節は引き分け以上結果でグループステージ首位突破、敗戦を喫した場合は敗退が決まる。対するペルーも2試合を終えてブラジルと同じく4ポイントを獲得。しかし得失点差により、最終節のブラジル戦では勝ち点3を獲得できなければ敗退が決まる。

試合の主導権を握ったのはブラジル。ハイチ戦で結果を残したFWガブリエウやMFルーカス・リマといった選手がスターティングメンバーに名を連ねたドゥンガのチームは、素早い好守の切り替えからDFフェリペ・ルイスやガブリエウが強烈なシュートを次々と放つ。それでもペルーはGKペドロ・ガレセの好守もあり、プラン通りとも言える0-0で前半を終えた。

後半は立ち上がりからペルーがボールを保持し、セットプレイからブラジルのゴールを脅かすなど前半とは違う姿を披露。すると75分、試合が大きく動く。75分、ペルーはMFアンディ・ポロが右サイドを抜け出すと、クロスボールにゴール至近距離で反応したエディソン・フローレスが押し込んでネットを揺らす。しかし、ブラジルの選手たちはフローレスのハンドを主張。映像を見直すと手に触れており、電光掲示板からは一時的にペルーの得点が消える。それでも約3分間の協議の末、ゴールが認められてペルーが先制に成功した。

ビハインドを負ったブラジルはエリアスを最前線に配置して同点弾を狙うが、最後までネットを揺らすことができず。今大会2回目となる無得点のままタイムアップの笛を迎え、グループステージでの敗退が決まった。対するペルーはプラン通りの勝利、首位でのグループステージ突破が決定。決勝点は疑惑のゴールであったが、ブラジルを下して決勝トーナメントに臨むチームは今大会のダークホースとなるかもしれない。

[ブラジル代表]
監督 ドゥンガ

GK
アリソン(インテルナシオナウ)
DF
ダニエウ・アウベス(バルセロナ/スペイン)
ジョアン・ミランダ(インテル/イタリア)
ジウ(山東魯能泰山/中国)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード/スペイン)
MF
レナト・アウグスト(北京国安/中国)
エリアス(コリンチャンス)
ルーカス・リマ(サントス)
フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール/イングランド)
ウィリアン(チェルシー/イングランド)
FW
ガブリエウ(サントス)

交代出場
72分 FWフッキ(ゼニト/ロシア)
(OUT ガブリエウ)

[ペルー代表]
監督 リカルド・ガレカ

GK
ペドロ・ガレセ(ファン・アウリチ)
DF
アルド・コルソ(デポルティボ・ムニシパル)
クリスティアン・ラモス(フアン・アウリッチ)
アルベルト・ロドリゲス(スポルティング・クリスタル)
ミゲル・トラウコ(ウニベルシタリオ)
MF
オスカル・ビルチェス(アリアンサ・リマ)
アダン・バルビン(サン・マルティン)
クリスティアン・クエバ(トルーカ/メキシコ)
エディソン・フローレス(ウニベルシタリオ)
アンディ・ポロ(ウニベルシタリオ・デポルテス)
FW
パオロ・ゲレーロ(フラメンゴ/ブラジル)

交代出場
50分 DFヨシマール・ヨトゥン(マルメ/スウェーデン)
(OUT アダン・バルビン)
64分 FWラウール・ルイディアス(ウニベルシタリオ・デポルテス)
(OUT エディソン・フローレス)
90+1分 MFレナト・タピア(フェイエノールト/オランダ)
(OUT クリスティアン・クエバ)

※所属チームは、2015/16シーズンです。

[得点]
ブラジル 0
ペルー 1:ラウール・ルイディアス(64)

heWORLD(ザ・ワールド)は、
コパ・アメリカおよびEURO2016の全83試合を速報します!
大会中(6月23日)に、無料電子マガジンも刊行予定。
http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月13日(月)12時47分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合