ここから本文です

来季へのアピールはもう始まっている!? 新指揮官との対戦を前にベルギーの天才「自分の存在価値を証明する」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月13日(月)18時50分配信

首位通過を目指すベルギー

ベルギーの天才と言われたエデン・アザールはPFA年間最優秀選手賞受賞から一転、2015-16シーズンは厳しいシーズンを送ることとなってしまった。そんな彼がEURO初戦を前に、同大会への意気込みを語った。

伊『calciomercato』によると、アザールはEUROについて「僕たちは優勝候補だ。黒星スタートは切りたくないし、最低でも引き分けで終える必要があるね。イタリアは強いチームだし、スウェーデンにはイブラヒモビッチがいる。だけど、僕はベルギーがグループリーグを首位で通過すると思っているよ」と述べた。

さらに初戦についても「僕たちは鉄壁の守備を誇るイタリアからゴールを奪わなければならない。ただ、僕たちの中盤はとても強いし、初戦は勝ちに行くよ。指揮官のコンテと対戦できることを光栄に思っているし、僕の存在価値を証明してみせる。尊敬しているブッフォンとの対戦も、これが最後になってしまうかもしれないからね」と触れ、イタリア代表との対戦を楽しみしていると明かした。

眠った天才が目を覚まし、ベルギー代表を栄光へと導くことができるのだろうか。EUROでの活躍が来季のプレイに影響するかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月13日(月)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)