ここから本文です

プレッシャーは全てオレが背負う! イブラは自分よりチームメイトを優先「プレッシャーを取り除いてあげたい」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月13日(月)20時30分配信

13日にアイルランドと対戦

13日にEURO2016グループE第1戦でアイルランド代表と対戦するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、自身のことよりもチームのことを気にかけている。

現在のスウェーデン代表には若い選手も入っており、イブラヒモビッチはそうしたチームメイトのプレッシャーを取り除いてあげたいと考えているようだ。イブラヒモビッチに最大のプレッシャーがかかっているのは間違いないが、その状況をも歓迎するとエースらしい力強いコメントを残している。スペイン『as」』がイブラヒモビッチのコメントを伝えた。

「今のチームには新しい選手も入っている。チーム全員がプレッシャーを感じているが、恐らくはオレの肩に最も大きなプレッシャーがかかっている。オレはチームメイトのプレッシャーを取り除いてやりたいんだ。オレはそれに慣れているからな」

「自分の国のためにEUROを戦うことほど素晴らしいことはないし、選手たちは200%の力を出してくれると確信しているよ」

スウェーデンはベルギー、アイルランド、イタリアと難敵揃いのグループに入っており、イブラヒモビッチの言葉通り200%の力を発揮しなければ突破は難しいだろう。イブラヒモビッチはパリ・サンジェルマンで良いシーズンを過ごせたと自信を感じているようだが、チームメイトを引っ張るいつも通りの活躍ができるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月13日(月)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。