ここから本文です

カナダGPはハミルトン連勝、ベッテルは2ストップで及ばず。最終ラップに波乱

オートスポーツweb 6月13日(月)5時21分配信

 F1カナダGP決勝は、メルセデスのルイス・ハミルトンがモナコGPに続く連勝を飾った。ポールポジションから、スタートではフェラーリのセバスチャン・ベッテルに首位を明け渡したものの、1ストップで走りきって優勝。チェッカーを受けたハミルトンは、先日この世を去ったボクシング界の伝説モハメド・アリのスタイルを表す言葉「蝶のように舞い、蜂のように刺す」をひいて、勝利の喜びを表現した。

ベッテルが首位を奪った、カナダGPのスタート

 スタート直前のコンディションは気温12度、路面23度。雨がポツポツと落ちてきたものの、レースはドライ路面でスタート。結局その後も雨による混乱はなく、最後までドライコンディションでの戦いとなった。

 ポールポジションのルイス・ハミルトンの出足が鈍く、ベッテルが首位を奪う。ニコ・ロズベルグはハミルトンに並んだが、押し出されるかたちとなり、大きくポジションを落としてしまった。

 ベッテルは、ジェンソン・バトンがストップしたためバーチャル・セーフティカー状態となった11周終わりにピットへ入り、ウルトラソフトからスーパーソフトへ交換。コース上で、レッドブルのダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペンを攻略して、ハミルトンを追撃する。



 首位に返り咲いたハミルトンはスタートから24周を走り、ソフトタイヤへ交換。ベッテルの後ろ、2番手で復帰する。これで再びトップに立ったベッテルだが、まだ使用義務のあるソフトを履いていないため、もう一度ピットに入る必要がある。ベッテルは37周を終えて2度目のピットストップへ向かい、ソフトに交換して、2番手で復帰。そこから首位のハミルトンを追ったが、差をつめきれないまま、約5秒差の2位でフィニッシュした。

 ロズベルグはマシンに問題を抱えてペースが上がらず、51周目には右リヤタイヤのスローパンクチャーに見舞われてピットインを余儀なくされ、表彰台争いから脱落。しかし、ピットアウト後はペースが復活し、4位の座をかけて、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとの戦いとなる。一時はDRSが機能しないというトラブルもあったが、最終ラップでDRSを使って勝負をかけたところ、スピンを喫してしまった。結局ロズベルグは5位。開幕からの4連勝で築いたリードは、みるみる削られている。

 ウイリアムズはバルテリ・ボッタスが昨年のメキシコGP以来となる表彰台に登壇。フェリペ・マッサはパワーユニットの温度上昇に見舞われてリタイアとなっている。

 マクラーレン・ホンダは10周目にバトンが白煙を上げて、ストップ。これで一時バーチャル・セーフティカー状態となり、初日からクラッシュが多発した週末だったが、決勝では、これが唯一の“SC”だった。フェルナンド・アロンソはペースが上げられず、チームの指示にしたがって1ストップで完走したものの、入賞圏外の11位。

 また、ルノーのジョリオン・パーマーは水漏れの問題が発生してガレージへ戻り、16周でリタイアとなっている。


[オートスポーツweb ]

最終更新:6月14日(火)17時17分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。