ここから本文です

ハミルトン「アリに、この勝利を捧げる。今日の僕は“舞うように”走れた」:メルセデス カナダ日曜

オートスポーツweb 6月13日(月)10時7分配信

 2016年F1カナダGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは優勝を飾った。

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 決勝=1位
 スタートで何が起きたのか分からない。フォーメイションラップ前のスタート練習では完璧で、スムーズに発進できそうだと思っていた。なのに本番になると、全く動かないような感覚だった。何が起きたのかを解明する必要がある。

2016年第7戦カナダGP スタート直後のルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグ(メルセデス)

 その後、ターン1の入口でひどいアンダーステアが出た。プッシュしてくるマシンに囲まれて、残念ながらニコ(・ロズベルグ)と当たった。


 その後はセバスチャンをひたすら追いかけるレースだった。彼はオープニングラップは稲妻のような速さだった。その後はふたりともいいペースで走り続けた。

 僕はターン10で小さなロックアップをしたけれど、それを除けばレースを通して全くミスをしなかった。自分でもすごく満足している。

 今日はタイヤをうまく管理して走ることが重要だった。それからチームの戦略上の判断は見事だったよ。

 レースがすごく楽しかった。すべてが信じられないほどスムーズに進んだ。セバスチャンが近づいてきても、そのたびに僕はギャップを維持することができた。とにかくすごく好調だったんだ。

 最後の10~15周は、(先日亡くなった)モハメド・アリのことだけを考えていた。「蝶のように舞い、蜂のように刺す!」ってね。だって僕は軽々と舞うように走っていたんだから。

 誰にとってもそうだろうけど、僕にとって、彼はインスピレーションを与えてくれるような存在だった。だからこの勝利は彼に捧げる。

 F1での初優勝をここで挙げているだけに、ただただ感動している。なんて幸福なんだろう。

 今日来てくれた人たち全員に感謝する。毎年来ているけど、いつも最高の週末になる。

(ロズベルグとの接触について聞かれ)ターン1でアンダーステアになった。ニコとはかなり近い位置にいた。故意にやったことじゃない。幸いどちらのマシンもダメージは負わなかった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月13日(月)17時12分

オートスポーツweb